2003年7月号

ポスト工業社会のサービス・モデル

産業再生と雇用創造を求めて

ジェームズ L. ヘスケット

ジェームズ L. ヘスケット

ハーバード・ビジネススクール 教授

レオナルド・A・シュレジンジャー

レオナルド・A・シュレジンジャー

ブラウン大学 教授

1980年代後半から90年代前半、米国サービス産業に雇用創造と国力回復が期待されたが、依然工業社会の論理に支配されており、その期待は見事裏切られた。これと似た状況を日本に見ることができる。そして実際、アメリカの轍を踏みかねない。本稿に日本サービス産業の課題と次なる姿を求める。

ジェームズ L. ヘスケットハーバード・ビジネススクール 教授

レオナルド・A・シュレジンジャーブラウン大学 教授

PDF論文:14ページ[約1,457KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない