2003年7月号

顧客データこそサービス向上のカギ

ハラーズ・カジノが実践した

ゲイリー・ラブマン :元ハーバード・ビジネススクール 教授

ゲイリー・ラブマン

元ハーバード・ビジネススクール 教授

全米で26店舗のカジノ・チェーンを運営し、不況下でも着実に成長しているハラーズ・エンタテインメント。その成長の原動力は、競合企業が豪華施設への投資に走るなかで、卓越したデータ・マイニングの能力と、これを顧客サービスに反映させる能力を組み合わせることで、顧客一人ひとりの満足度を高めるサービス・デリバリー・システムを構築したことにある。同社の戦略の要諦を「サービス・プロフィット・チェーン」の提唱者の一人、元ハーバード・ビジネススクール教授、ゲイリー・ラブマンが解説する。

ゲイリー・ラブマン元ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:8ページ[約1,260KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない