2003年7月号

バンク・オブ・アメリカ:サービスのR&D活動

体系的な実験手法を採り入れる

ステファン・トムク :ハーバード・ビジネススクール 准教授

ステファン・トムク

ハーバード・ビジネススクール 准教授

サービス企業は長年の間、イノベーションを偶然に任せてきたがゆえ、損失を被ってきた。しかし、新しいサービスを開発するに当たっても、製品開発同様、体系化されたR&Dが可能なことを、バンク・オブ・アメリカの実験は証明してみせた。無形財であるサービスは、実験室に持ち込むのが難しいため、ビジネスの現場で仮説・検証するしかない。ただし、これにはさまざまなリスクが伴うばかりか、そのための時間と労力もばかにならない。だが、現場ならではの効果や発見が得られ、継続的な学習も喚起される。

ステファン・トムクハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF論文:12ページ[約1,474KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない