• DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューに登場した国内外のエグゼクティブが、ビジネスの新しい視点、自社の戦略を解説します。

  • 経営学者のジェームズ・アベグレンが、著書『日本の経営』の中で、日本企業の特徴として終身雇用、年功序列、企業内組合を挙げたのは1958年のことである。以来50年、功罪の判断はさておくとして、この「日本的経営システム」は今、様々な側面で制度疲労を起こしている。この制度疲労を改革するにはどうしたらよいか。今連載では、人事・組織に特化してコンサルティングを展開するヘイ・グループが、日本企業が共通に抱える人事・組織面での課題を4つ指摘し、具体的な解決へのアプローチを提言する。

  • 日本企業におけるイノベーションの停滞が嘆かれて久しい。一般に、イノベーションの停滞はマーケティング、あるいは研究開発にその責が帰せらることが多いが、我々ヘイグループは、組織あるいはリーダーシップのあり様にこそ、その真因があると考えている。この連載では、ヘイグループが世界中で展開している組織アセスメントのデータを用いながら「イノベーションを起こせる組織」と「イノベーションを起こせない組織」では何が異なるのか?「イノベーションを起こせる組織」を構築するためには、何が必要なのかを明らかにしたい。

  • あれほど強かった日本企業がなぜ――。半導体、エレクトロニクス産業の現状を見て、そんな思いを抱く人は多いだろう。この疑問を解くカギが技術経営(MOT)である。日本企業復活の出発点は、過去の失敗を正しく認識し、そこから学ぶ姿勢を持ち続けることだろう。今回、その学びを先導してくれるのが、東京理科大学大学院イノベーション研究科研究科長の伊丹敬之教授である。伊丹教授の誌上講義を、3回シリーズでお届けする。

  • 注目企業や産業など、幅広いテーマを扱うDHBR onlineの特別企画。

  • 注目企業や産業など、幅広いテーマを扱うDHBR.netの特別企画。

  • タイアップ(PR)のインタビュー企画

  • 多様な働き方の重要性に注目が集まって久しいが、社会的責任、あるいは人的資本への長期投資と捉える向きが強く、企業における取り組みは広がっているとは言い難い。しかしながら、生産年齢人口の減少への危機感が広まりつつある現在、働き方の改革は新たなステージを迎えようとしている。外資系人材サービス会社・アデコ代表の川崎健一郎が斯界の権威に話を聞きながら、その改革の道筋を探る。

最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking