ハーバード・ビジネス・レビューのご紹介


世界最古のマネジメント誌『Harvard Business Review』


『Harvard Business Review』(HBR)とは、ハーバード・ビジネススクールの教育理念に基づいて、1922年、同校の機関誌として創刊された世界最古のマネジメント誌です。

アメリカ国内では29万人のエグゼクティブに購読され、日本、ドイツ、イタリア、BRICs諸国、南米主要国など世界12カ国、60万人のビジネスリーダーやプロフェッショナルに愛読されている、ワールドワイドなマネジメント誌です。

 


DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューとは


HBR誌の日本語版『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』は、米国以外では世界で最も早く、1976年に創刊しました。
以来、「優れたリーダー人材に貢献する」という編集方針の下、学術誌や学会誌のような無用な難解さを排し、「実学」に資する論文を提供。グローバル企業の企業内大学や管理職研修、さらにビジネススクールの教材としても利用されています。
現在は、「グローバル・リーダーを目指す人の総合マネジメント誌」として、毎号HBR論文と日本オリジナルの記事を組み合わせ、時宜に合ったテーマを特集として掲載しています。多くの経営者やコンサルタント、さらに若手リーダー層から支持されています。

 


世界最高峰の執筆陣


ハーバード・ビジネススクールの教授陣をはじめ、世界各国のトップ・ビジネススクールの教授陣、グローバル企業の経営者、戦略コンサルティング・ファーム の一流コンサルタント、グローバル企業のCEO、さらには、ノーベル賞受賞者、脳科学や心理学の研究者、科学者や歴史家など、さまざまな斯界の権威たちが 寄稿しています。横断的に最先端の知見をカバーできるのは、本誌ならではのメリットです。

 


新しいコンセプトをいち早く


戦略、マーケティング、リーダーシップ、人材マネジメント、イノベーション、オペレーション管理など、ビジネスの主要分野について、経営者はもちろん、経営学、経済学、心理学、脳科学、芸術、歴史など、さまざまな分野の論客の寄稿やインタビューをいちはやく掲載。その多くは、HBRでリリースされたあと、のちに加筆されて書籍としてまとめられ、ベストセラーとなっています。

 


時代を超えた価値あるコンテンツ


DHBRのコンテンツには、他のメディアのようなタイムリーさはありません。その代わり、時代を超えて読まれるのが特徴です。バックナンバーが売れる雑誌として知られており、論文販売では10年以上前に掲載されたものもいまだに読まれています。経済環境や事業構造が変わっても有用な理論やノウハウを紹介した論文が多数掲載されています。

最新号のご案内
定期購読キャンペーン
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking