恩藏教授の「T.レビットに学ぶ」マーケティング経営論一覧

作れば売れる時代、顧客に目を向ける企業は少なかった。そのような企業環境を見据えながら、企業が直面する現実の課題に対しマーケティングの有効性を説い続けたのがセオドア・レビットである。レビットの名を世に知らしめた記念碑的論文「マーケティング近視眼」のコンセプトが発表されてから54年を経たいま、顧客重視は企業経営の要諦となっている。それが真実ならば、戦略経営は盤石であるはずだが、現実はそうではない。レビットの関心は幅広い。その「経営的」マーケティング思想の幅と深さを理解せず、マーケティングの表層をとらえただけの経営は危うい。企業経営はマーケティング活動そのものであると説いたレビットの哲学的な施策と洞察について、あらためて考えてみたい。

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS