ダライ・ラマの提言:リーダーにはなぜ、心の平穏、無私、思いやりが必要なのか

いかなる分野のリーダーであれ、人々の人生と、世界がどう発展するかに大きな影響を与えることになる。世界的指導者のダライ・ラマ氏は、リーダーは自分が生きている間に、世界をよりよい場所にするために努力すべきだと語る。そして、その重責を果たすためには、マインドフルになり、無私であり、思いやりを持つことが重要であるという。


 私は過去60年近くにわたり、政府や企業、その他の組織を率いるたくさんのリーダーたちと交流してきました。そして、社会が発展と変化を遂げていく様子を見てきました。私が学んだことは皆さんの役に立つかもしれないので、ぜひとも私の考えの一部を皆さんと共有したいと思います。

 リーダーはどの分野にいるのであれ、人々の人生と、世界がどう発展していくのかに大きな影響を与えます。私たちは、自分たちが地球に一時的に滞在しているということを忘れてはなりません。私たちが地球で暮らすのは、長くても90年か100年ほどです。その間に、世界をよりよい場所にするために努力すべきです。

 よりよい世界とは、どんなところでしょうか。答えは明白でしょう。よりよい世界とは、人々がより幸せな世界です。なぜなら、人間は誰しも幸せになりたいからです。誰も苦しみたくはありません。幸せになりたいという思いは、誰もが等しく持っている願望なのです。

 しかし現在、世界は感情の危機に直面しているようです。ストレスや不安、鬱の度合いが、かつてなく高まっています。貧富の差、そしてCEOと従業員の格差も、歴史上まれなほど広がっています。また、利益を上げることに集中するあまり、人や環境や社会への責任がしばしば放棄されています。

 私たちが互いを「我々」と「彼ら」という視点で見なしがちなのは、人々の相互依存性を理解していないからです。私たちは同じグローバル経済の参加者として、互いに依存しています。気候と地球環境の変動は、人類全体に影響を及ぼします。さらに、人間である私たちは、肉体的にも精神的にも感情的にも、みな同じなのです。

 蜂を考えてみてください。蜂の世界には憲法も警察も道徳教育もありませんが、彼らは生き残るために力を合わせて働いています。時にはささいな争いごとをするかもしれませんが、蜂の共同体は協力することで生き残っているのです。

 かたや人間は、憲法や複雑な法制度、警察部隊を持っています。そして素晴らしい知性と、深い愛情を発揮する能力があります。ところが、多くの素晴らしい特性を持っているにもかかわらず、私たちは協力することが苦手なようです。

 組織では毎日、人々がともに働いています。しかし、ともに働いていても、多くの人々は孤独とストレスを感じています。私たちは社会的動物ですが、互いへの責任感が欠けているのです。何が問題なのか、自問しなければなりません。

 リーダーは物質的な繁栄と富の蓄積を強く重視することにより、思いやりといたわりという人間の基本的欲求を顧みなくなってしまったのでしょう。

 社会や組織、そこに属する個々人が長期的に繁栄するためには、人類の一体性を大事にする姿勢と、同胞への利他主義を取り戻す必要があります。一人ひとりのリーダーが、これを実現する責任を担っているのです。

 そのために、何ができるでしょうか。

 ●マインドフルになる

 平穏な心を培いましょう。人間である私たちは、分析して未来を計画する素晴らしい知性を持っています。自分が理解したことを他者に伝えられる言葉も持っています。怒りや執着といった破壊的な感情は、知性を働かせる力を鈍らせてしまうので、これに対処しなければなりません。

 恐れや不安は、容易に怒りと暴力へと変わります。恐れの反対は信頼であり、信頼は思いやりへとつながり、私たちの自信を高めます。思いやりとは他者の幸福を考えることであり、恐れを減らします。友を引きつけるものは金と権力ではなく、思いやりなのです。

 怒りや執着に支配されると、状況を包括的、現実的に把握する力が制限されてしまいます。逆に、思いやりを持っていれば心は静まり、理性の行使を効果的かつ現実的に、決意を持って行うことができます。

 ●無私になる

 人は生まれながらに利己的です。なぜなら、生き残るためにはそうならざるをえないからです。しかし私たちに必要なのは、他者の利益を考慮した、寛容かつ協力的な賢い利己心です。協力は友情から、友情は信頼から、そして信頼は心の優しさから生じます。他者を真摯に気遣う気持ちがあれば、欺いたり、いじめたり、搾取したりする気にはなりません。正直で、誠実で、率直な行動が取れるようになります。

 ●思いやりを持つ

 幸せな人生をもたらす究極の源泉は、思いやりです。動物でさえ一種の思いやりを示します。人間の場合は思いやりと知性を組み合わせることができます。理性を働かせれば、全人類70億人に思いやりを広げることができるのです。

 破壊的な感情は無知と関係していますが、思いやりは知性と関連する建設的な感情です。したがって、思いやりは教えたり、学んだりできるものです。

 幸福な人生の源は、自分自身の中にあります。世界のさまざまな地域で問題を起こしている人々は、きわめて立派な教育を受けていることが多いものです。つまり、必要なのは教育だけではなく、内なる価値観に目を向けることなのです。

 暴力と非暴力の違いは、ある行動の性質というよりは、その行動の背景にある動機によって決まります。怒りと欲に駆られた行動は暴力的になりがちですが、他者への思いやりと配慮から生じた行動は、概して平和的なものです。

 祈りだけで世界平和を実現することはできません。平和を乱す暴力と腐敗をなくすための、措置を講じなければなりません。行動を起こさなければ変化は望めないのです。

 平和とは、危険がなく心乱されないことでもあります。それは、私たちの心のあり方と、穏やかな心を持てるかどうかと関係しています。穏やかな心は究極的には、自分自身の内部の問題であることを認識することが、きわめて重要です。

 穏やかな心を抱くためには、温かい心を育み、知性を働かせなければなりません。生き残るために必要なものは、温かい心、思いやり、そして愛だということに、人は往々にして気づいていません。

 仏教では、思いやりのあるリーダーシップについて3つのスタイルが説明されています。

「先駆者」は、先頭に立って引っ張り、リスクを背負い、みずから範を示すリーダーです。「渡し守」は、率いる人々に寄り添いながら、船の浮き沈みを乗り越えていくリーダーを指します。「羊飼い」は、自分自身よりも集団の1人ひとりの安全を考えるリーダーです。

 スタイルとやり方はそれぞれですが、三者すべてに共通するのは、率いる人々の幸福をさまざまな面から考えているということです。


HBR.ORG原文:The Dalai Lama on Why Leaders Should Be Mindful, Selfless, and Compassionate, February 20, 2019.

■こちらの記事もおすすめします
「マインドフルネスの母」からの教え:「“気づき”に瞑想はいらない」
人は生まれながらにつながり、孤独でもある

 

ダライ・ラマ(Dalai Lama)
チベットの人々の精神的指導者。1989年にノーベル平和賞を、2007年に米国議会名誉黄金勲章を受賞。

ラスムス・フーガード(Rasmus Hougaard)
グローバルなリーダーシップと組織の発展を支援する企業、ポテンシャル・プロジェクトの創設者兼マネージングディレクター。クライアントには、マイクロソフト、アクセンチュア、シスコほか、数百の組織がある。The Mind of the Leader(未訳)共著者。リーダーのマインドフルネス、無私の心、思いやりを育むためのアプリを開発。