男性優位の世界で働く女性たちに贈るアドバイス

社会の至る所で男女平等は改善を見せているとはいえ、けっして十分とは言えないのが現状である。さまざまな場面で見られるジェンダーバイアスによって、女性たちは自分の能力を過小評価したり、過度に自信を失ったりしてしまうのだ。この問題は特に、男性優位の分野で働く女性が陥りやすい。筆者は、そうした環境下にある女性たちが活きいきと働けるよう、学術的知見に基づくアドバイスを贈る。


 職場における男女平等について、組織は着実に改善しているものの、そのペースはあまりに遅い。

「女性躍進の年」と呼ばれた1992年から26年を経た2018年、歴史的ともいえる102人の女性下院議員が米国に誕生した。それでも、下院における女性議員の割合は、いまだ4分の1にも満たないのが現状だ。

 昨年、米トップ企業で取締役に任命された女性の数は、248名という記録的人数に達したが、それでもなお、新たに任命された取締役合計のわずか31%を占めるにとどまっている。

 そして、ドナ・ストリックランドは女性として55年ぶりにノーベル物理学賞を受賞したが(女性として3人目の受賞)、いまだに女性は、多くの理工系分野において著しく影の薄い存在であり、職場ではジェンダー差別にしばしば直面する

 言い換えれば、改善しているとはいえ男女平等には程遠い、ということだ。しかも、研究所や取締役会議室、議事堂など、女性が歴史的に排除されてきた環境で働くことは、女性がみずからの能力を疑う結果につながることがある。

 全米有数の女子大バーナード・カレッジの学長であり、認知科学を専門とする筆者は、特に男性優位の分野で働く女性に焦点を当て、自己疑念を生む原因を究明すべく、長年にわたり研究を続けてきた。その過程で、非常に多くの要因が絡んでいることを発見した。そのなかで特に重要なのは、あからさまに、あるいは微妙な形で表れるジェンダーバイアスである。

 結果として、どういうことが起きるか。スキルの高い女性は、ステレオタイプから生じる期待に沿って考え、行動するようになる。

 これは、人生の早い段階で現れることがある。女の子は早ければ6歳で「女の子は頭が良くない」と信じ始めるようになるのに対して、男の子はみずからの知能の高さを信じ続ける。年齢を重ねると、ステレオタイプゆえに、長らく男性の領域と考えられてきた分野でキャリアを積もうとしなくなる。そして、そのような分野に女性が少ないため、次の世代の女性も、その分野に足を踏み入れようとしなくなる。

 まさに悪循環であるが、これは断ち切ることが可能でもある。

 まず、女性が職場で感じる不安や自己疑念を克服できるよう、雇用側が取れる対策がある。

 たとえば、強力な同性のロールモデルに触れると、女性でもリーダーとしての役割を十分全うできる、という考えを受け入れやすくなるという研究結果がある。従って、月に1回の面談や週に1度のランチ会などを通して、組織内で地位の高い女性と定期的に接することで、若く経験の少ない女性がプロフェッショナルとして成長するだけでなく、女性でも組織で最も権威ある役割を担い、活躍する資質があるのだと理解する機会が持てる。こうしたメンターシップ・プログラムが充実していると、孤立感を抱きがちな女性でも、キャリアアップの指導を積極的に求めることに引け目を感じずに済む。

 一方、より自信を持てるよう、女性自身が実践できる方法もある。

 新しい仕事や地位に就いたばかりで、うまく役割をこなせるか不安に思っている? そのようなときは、日記をつけてみるといい。頭の中の考えを書き綴る行為は、不安を和らげ、堂々巡りの考えを断ち切るうえで有効であり、集中力を高めることが分かっている。もやもやしたものを吐き出し、感情的苦痛を発散することには、重要な意義がある。自分の恐怖を認識することは、その恐怖の全体像をつかむ一助となるうえ、ネガティブな思考を軽減し、前向きに進む力を与えてくれるのだ。

 本当は有能ではないのに、他人を欺いてそう思わせているという具合に、自分のことをまるで詐欺師のように感じることがあるかもしれない。もしそうなら、忘れてはならないのは、たとえそうした考えに取りつかれても高いパフォーマンスを上げることはできるということだ。実際、このような「インポスター症候群(詐欺師症候群)」の状態に陥る女性のほとんどが、欺いているような感覚に悩まされながらも、優れた実績を上げている。この事実を忘れることなく、自分の過去の成功に目を向けることは、自己疑念の悪循環を防ぐうえで有効である。

 直面している問題の大きさに困惑したり、行き詰まりを感じたり、頭がうまく働かないようなとき、実践すべきもう1つのストラテジーは、一歩下がって問題から距離をとることだ。脳はしばしば、再起動する時間を必要とする。そうすれば、視界が鮮明になり、新たなつながりを発見し、よりよい解決策を生み出すことができる。

 何か好ましくないことが起こったとき(パフォーマンス・レビューでの評価が芳しくないプロジェクトの結果が期待はずれ、など)、失敗の処理が建設的にできるよう脳に働きかけ、次なるチャンスに向けて成功の土台を築くことは可能だ。それを明示する研究結果がある。カナダのオリンピック・チームのメンバー選考から漏れた、あるいはオリンピックの舞台でのパフォーマンスがいまひとつだったプロスイマーを対象とした研究である。

 そこで研究者が発見したのは、芳しくなかった点を認識し、次回に向けての改善策を検討するという作業を経たスイマーは、自分のパフォーマンスを動画で再生してもネガティブな感情をほとんど抱かなかった。一方、事前に同様の心理的準備をしなかったスイマーの場合、動画を再生すると「学習性無力感(learned helplessness)」、すなわち目標に対する諦めの原因となるコントロール喪失感を引き起こした。

 同様のアプローチをオフィスに持ち込むことが可能だ。諦めるのではなく、足りない部分を認識したうえで、改善策を模索し、そこから導き出した答えを中心に据えて未来に向かうのである。

 あらゆる分野で女性の平等参加が得られない限り、キャリアにおいて、女性は当然のように不安感に苛まれ続けるだろう(議会や企業取締役といった、男性に囲まれる環境である場合は、なおさらだ)。しかし、不安で身動きが取れなくなるような事態は避けられる。

 雇用側のサポートを通して同性のメンターと結びつき、ネガティブな感情の対処法を変え、問題からひとまず距離をとって再考することを身に付ければ、女性はやりがいを持って充実したキャリアを歩むことができる。これらは筆者らが、日々バーナードにおいて学生たちに伝授しているスキルであり、ツールである。

 そして、女性といえども、自分の主張をしっかり聞いてもらうことができ、そしてそうあるべきだという明確なメッセージを発信することで、あらゆる分野に根深いジェンダーの不均衡を覆し、改善のスローなペースを時代に見合ったスピードに加速できる。


HBR.ORG原文: Research-Based Advice for Women Working in Male-Dominated Fields, February 13, 2019, updated March 03, 2019.

■こちらの記事もおすすめします
「男性性を競う文化」が組織に機能不全を招く
女性の活躍を促すにはチーム内の性別構成が重要
職場の男女差別には、女性みずから立ち上がるべきなのか

 

シアン・バイロック (Sian Beilock)
バーナード・カレッジ学長、認知科学者。著書に、『なぜ本番でしくじるのか』『「首から下」で考えなさい』などがある。