親のキャリアは子どもの成長にどんな影響を与えるか

毎日忙しく働きながら子育てをしていると、子どものサッカーの試合やピアノの発表会を見にいけないということもある。そんなとき、罪悪感を抱かない親はいないはずだ。では、親の仕事の状況は、子どもの成長とどのような関連があるのだろうか。筆者らの調査により、父親と母親、それぞれの仕事との向き合い方が子どもに与える具体的な影響が見えてきた。


 子どものサッカーの試合やピアノの発表会に行けないときに、罪悪感に苦しまない親などいない。仕事で土壇場のスケジュール変更や、取引先へのやむにやまれぬ出張があるたび、自分がいつも子どもを傷つけているのではないかと不安に駆られるのは、ごく当然のことである。

 だが実際のところ、我々の仕事は、自分の子どもの人生にどのような影響を及ぼすのだろうか。

 いまから20年ほど前、ドレクセル大学のジェフ・グリーンハウスと私は、複数の業界における25~63歳の企業人約900人を対象に、仕事と家庭の関係について調べた。その結果、生活におけるこの2つの側面は、味方同士にも、敵同士にもなりうると記した。

 いま、社会におけるメンタルヘルスの問題対して、当然ながらますます関心が高まっている。それを考えれば、子ども(仕事の表面下のステークホルダーだ)の日々の感情が、その親のキャリアからいかに影響を受けるかに着目した我々の所見は、新たな目で見直す価値がある。子どもが親から被るマイナスの影響は、我々の20年前の研究以降、親がデジタル機器によって注意散漫になっている状態(「テクノフェレンス」とも呼ばれる)や、仕事のストレスによる家庭生活への有害な効果も観察されてきており、我々の所見はそれらについても説明するものだ。

 親の仕事が子どもに及ぼす影響に関する研究のほとんどは、母親が働いているか否か(ごく最近まで、父親には着目されていなかった)、親はフルタイム勤務かパートタイム勤務か、親が仕事に費やす時間の長さ、子どもの成長時期と親の雇用時期のタイミングに着目している。

 我々の研究では、時間の長さの問題に留まらず、仕事を通して得られる内面的な経験にも着目した。キャリアと家庭の重要性に関する親の価値観、仕事による家庭生活への心理的干渉(物理的に家にいて家族と一緒に過ごしていても、仕事のことを考えているような場合を指す)、キャリアへの思い入れの程度、裁量とコントロールに関する仕事の条件、である。

 親のキャリアに関するこれらの側面はすべて、子どもが問題行動を示す程度(メンタルヘルスの主要な指標である)に相関することが明らかになった。我々はこれを、子どもの行動チェックリスト(CBCL)を用いて測定した。CBCLは、児童の発達に関する研究文献では標準となっているが、組織心理学の他の研究では用いられたことがない。

 残念ながら、親の仕事における経験(仕事に費やされる時間ではなく)が子どものメンタルヘルスに及ぼす具体的な影響については、これまで同分野の研究対象として優先度が高くなかった。だが、優先度を上げるべきである。それは、仕事が健康に重要な影響を及ぼしうる、もう1つの側面だからだ。

 我々が認めた所見の中で重要な部分のいくつかを、以下に示す。

 母親と父親のどちらについても、仕事に費やす時間の長さに関わらず、親が家庭を第一に優先すべきだと考えている場合、子どもの感情面の健康状態は、より良好であった。また、これも仕事に費やす時間の長さに関わらず、親が仕事を挑戦や創造性、楽しみの源として考えている場合には、子どもの状態はより良好であった。そして、当然のことながら、親が子どもと物理的に一緒にいられる場合のほうが、子どもの状態はより良好であった。

 父親が、自分のキャリアに心理的に過度の思い入れを抱いている場合には、働く時間の長さに関わらず、子どもは問題行動を示す確率が高かった。また、父親の仕事による家族や休息時間への認知的干渉――すなわち、父親が心理的に子どものために「いる」かどうかがポイントであり、デジタル機器をいじっている時間は特に心ここにあらず、である――も、子どもが感情面・行動面の問題を抱えていることに関連していた。一方で、父親が仕事で優れた実績を上げており、自分の仕事に満足を感じているときには、働いている時間の長さに関係なく、子どもが示す問題行動は比較的少ない傾向が高かった。

 一方、母親の場合は、仕事で権限と裁量を持っているかどうかが、子どもの心がより健康な状態であるかと関連していた。つまり、母親が、仕事で生じる事柄をみずからコントロールする力がある場合、その子どもはよい影響を受けることが明らかになった。

 さらに、母親が休息やセルフケアのために自分自身に時間を費やし、家事にさほど時間をとられていない場合は、子どもに対するプラスの影響に関連していた。母親が家にいるか職場にいるかだけが問題なのではなく、仕事でない時間に家で何をしているかが重要なのだ。母親が子どものそばにいなくても、その時間に自分自身のケアをしているのであれば、子どもに及ぼす悪い影響は何もない。だが、母親が家にいても家事に従事している場合には、子どもは問題行動に悩まされる可能性が高かった。

 我々がこの研究を実施して以降、父親と母親の伝統的な役割は明らかに変化している。だが、女性のほうが親の責任の精神的負担を多く担っている状況は、いまも変わらない。

 我々の研究からは、母親が家事にさらなる時間をかけるのではなく、自分自身をケアする時間をとることが、子どもの世話をする余裕を後押ししていることが示された。また、父親は、子どもと心理的に一緒にいて、みずからの能力と幸福の感覚が仕事によって高められている場合に、子どもに健康的な経験を与えることがより可能である。

 今回の研究結果の朗報をお伝えしよう。親の仕事人生における上述のような特徴は、少なくともある程度は、みずからのコントロール下にあり、変えることができる。

 調査結果で我々にとって意外だったのは、親が仕事や子育てに費やす時間の長さ(経済や業界の条件を考えると、往々にして自身でコントロールするのは困難な要素だ)は、子どものメンタルヘルスに影響していないことだ。したがって、親のキャリアが子どものメンタルヘルスにいかに影響を及ぼすかを意識していれば、自分がキャリアに置く価値に着目し、物理的にも精神的にも子どもと過ごすためのクリエイティブな方法を試すことができるし、またそうすべきだ。

 必ずしも長い時間を一緒に過ごす必要はない。質の高い時間こそが、本当に大切なのである。


HBR.ORG原文:How Our Careers Affect Our Children, November 14, 2018.

■こちらの記事もおすすめします
働きながら子育てする親に贈る4つのアドバイス
共働き夫婦の人生を充実させるには、「家族としてのキャリア」計画が必要である

 

スチュワート D. フリードマン(Stewart D. Friedman)
ペンシルバニア大学ウォートン・スクール経営学教授。かつてフォード・モーターのリーダーシップ開発センター長を務めた。著書に、Leading the Life You WantBaby Bust(以上未訳)、『トータル・リーダーシップ』がある。ウェブサイトは、www.totalleadership.org。ツイッター@StewFriedman、またはLinkedInで彼にアクセスできる。