ブロックチェーンは
金融サービスをどう変えているのか

本記事では、『ブロックチェーン・レボリューション』の著者らが、ICO(新規コイン公開)という新たな資金調達のトレンドを概説する。


 世界の金融システムは、1日に何兆ドルも動かし、何十億もの人々にサービスを提供している。だが、多くの問題を抱えてもいる。手数料や手続きの遅延によるコスト増、重複的で煩わしいペーパーワークによる摩擦、不正や犯罪の機会などだ。

 何しろ、決済ネットワーク、証券取引、送金サービスなどを扱う金融仲介機関の45%が毎年、経済犯罪の被害に遭っているのだ。この数字(経済犯罪率)は、世界経済全体では37%、専門的サービス業界では20%、テクノロジー業界では27%に留まっている(英語報告書)。規制順守のためのコストの増加が、銀行にとって最大の懸案事項であり続けていることは驚くに当たらない。そして、そのコストは最終的に消費者が負担することになる。

 そこで、ある疑問が呈される。金融システムは、なぜこれほどまでに効率が悪いのだろうか。

 第1に、時代遅れである。その場しのぎの業界技術と、デジタルの外見を装った書類中心のプロセスにいまだに依存している。第2に、中央集権型であるゆえに、変化を受け入れず、システム障害や攻撃に弱い。第3に、排他的であり、基本的な金融手段にアクセスしたい何十億もの人々を拒んでいる。

 混乱を伴うが経済の活性化と発展には欠かせない創造的破壊を、多くの銀行は総じて避けてきた。しかし、イノベーションの行き詰まりに対する解決策が出現した。それがブロックチェーンである。

ブロックチェーンの5つの基本原理をおさらい!

1.分散型データベース
 ブロックチェーン上の各参加者は、全データベースとその全履歴(台帳)にアクセスできる。誰か1人がデータや情報を管理することはない。誰もが、仲介業者を介さずに取引相手の記録を直接確かめることができる。

2.ピア・トゥ・ピア(P2P)の送信
 コミュニケーションは中央ノードを介さずにP2Pで直接行われる。各ノードが情報を保存し、他の全ノードに転送する。

3.匿名性と透明性の担保
 あらゆる取引とそれに伴う価値は、システムへのアクセス権を持つ者ならば誰でも閲覧できる。ブロックチェーン上の各ノード、つまりユーザーは、みずからを特定する30文字以上の英数字から成る固有のアドレスを持つ。そして匿名のままにするか、身元の証明を他者に提供するかを選べる。取引はブロックチェーンのアドレス間で行われる。

4.記録の不可逆性
 ひとたび取引がデータベースに入力されてアカウントが更新されると、記録は変更できない。それらは、過去に入力された取引記録すべてと紐づいているからだ(これがまさに「チェーン」という用語の由来である)。さまざまな計算アルゴリズムと仕組みによって、データベースの記録は永続性、時系列順、ネットワーク上の全参加者への公開が担保されている。

5.計算論理
 台帳のデジタル化が意味するのは、ブロックチェーンの取引が計算論理に関連づけられ、プログラム化できるということである。したがってユーザーは、ノード間での取引を自動履行するアルゴリズムと規則を構築できる。

 ブロックチェーンは元々、ビットコインなどの暗号通貨の要素技術として開発された。世界中に広く分散し、数多のデバイス上で稼働する台帳であり、価値あるものすべてを記録できる。金銭、株式、債券、所有権、証書、契約、その他ほぼあらゆる資産を、安全に、私的に、P2Pで移動し保管できるのだ。なぜなら、ブロックチェーンで信用を担保しているのは、銀行や政府などの権力を持つ仲介機関ではなく、ネットワーク上のコンセンサス、暗号、協働、精巧なコードだからである。

 企業であれ個人であれ、複数の当事者が、互いを知らなくても、仲介業者なしで合意を形成して取引を行い、価値を構築できるようになった。銀行、格付け機関、米国務省等の政府機関などに頼らずとも、当事者間で身元を確認して信用を築き、あらゆる商取引の基礎となるビジネスロジック(契約、清算、決済、記録など)を遂行できる。これは人類史上で初めてのことだ。

 こうした破壊的テクノロジーの可能性と危険を前に、金融業界では、銀行、保険、監査、専門的サービスを含む多くの企業がブロックチェーンのソリューションに投資している。では、何がこれほど多くの資金と興味を引きつけているのだろうか。

 ほとんどの企業は、摩擦とコストの削減機会について言及している。結局のところ、たいていの金融仲介機関は、運営上、目が回るほど複雑かつ高コストな他の仲介者群に自身も頼っているのだ。欧州のサンタンデール銀行は、年間200億ドルの節約が可能だと見積もっている。また、コンサルティング会社のキャップジェミニの試算によれば、ブロックチェーンを使ったアプリケーションによって、消費者は銀行と保険会社の手数料を年間160億ドルも節約できるという(英語サイト)。

 たしかに、ブロックチェーンによって、JPモルガン・チェース、シティグループ、クレディ・スイスなどの既存の金融機関(いずれもブロックチェーンに投資している)は、少ない資源でより大きな成果を上げ、業務をスリム化し、その過程でリスクを軽減できるかもしれない。しかし、機に聡いこうした視点は有益かつ往々にして必要だが、それだけで十分ということは滅多にない。(旧態依然とした金融機関とは違い)すでに根本的な構造変化を遂げているビジネスやマーケットでは、コスト削減の余地はあるのだろうか。

 この点でも、ブロックチェーンは真のゲームチェンジャーとなる。経済における全参加者間の取引コストを削減することで、P2Pによるマス・コラボレーションを下支えするのだ。これにより、既存の組織形態のほとんどが不要となる可能性がある。

 たとえば、新しいベンチャー企業が成長資金を調達する方法を考えてみよう。従来は、新規ビジネスの初期段階ではエンジェル投資家に頼り、その後はベンチャー投資家に目を向け、最終的に証券取引所で新規株式公開(IPO)を行う。この業界は、多くの仲介者で成り立っている。たとえば投資銀行、取引所の運営機関、監査役、弁護士、クラウドファンディングのプラットフォーム(キックスターターやインディゴーゴーなど)だ。

 ところが、ブロックチェーンによってこの方程式は様変わりする。どんな規模の企業でも、世界中に株式を分散発行し、P2P方式で資金調達できるようになるからだ。この新しい資金調達の仕組みは、すでにブロックチェーン業界を変えつつある。ブロックチェーン企業は、2016年、従来型のベンチャー投資家から4億ドルを集めた一方、IPOならぬICO(新規コイン公開)で2億ドル近くを調達している(英語記事)。

 ICOは、単に企業の体裁で暗号通貨(トークン)を新規に発行することのみを意味するのではない。コンテンツの制作配信とデジタル著作権管理のプラットフォーム(SingularDTVなど)、分散型ベンチャーファンド(DAOなど)、ICOへの投資とデジタル資産の管理を容易にする新しいプラットフォーム(ICONOMIなど)といったサービスも関わっている。

 すでに現在、ICOの強固なパイプラインが存在する。たとえばCosmosは、世界中のあらゆるブロックチェーンをつなげる統合技術だ(ゆえに「ブロックチェーンのインターネット」という別名がある)。他の企業も、間違いなくこの流れに追随するはずだ。2017年には、ブロックチェーンのスタートアップ企業は、他のどの方法よりもICOによって多額の資金を調達する、というのが我々の予想だ。これは歴史的な転換点である。

 既存企業もここに注目している。ニューヨークを拠点とするベンチャーキャピタルのユニオンスクエアベンチャーズ(USV)は、ICOを直接購入できるように投資戦略を拡大した。メンロパークにあるベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツは、USVと共同で、トークンのみを購入するヘッジファンドのポリチェーンキャピタルに投資した。業界最大手の投資機関の1社であるブロックチェーンキャピタルは最近、ICOによるトークンの発行で新規ファンドの資金を調達すると発表した。これは業界初の試みだ。

 そして言うまでもなく、ゴールドマン・サックスやナスダック、インターコンチネンタル取引所(ニューヨーク証券取引所を傘下に持つ米企業)なども、ブロックチェーン企業に大型投資を行っている。

 あらゆる斬新なビジネスモデルと同様に、ICOもリスクを伴う。規制制度がほとんど、もしくはまったくないのだ。デューディリジェンスと情報開示が十分ではなく、ICO後に倒産した企業もある。「買い手の危険負担」が合い言葉となっており、初期の出資者の多くは、資金提供者というより投機家だ。

 しかし、この流れを止めることはもはや誰にもできない。ICOを正しく実施すれば、資金調達の効率が向上するだけでなく、起業家と投資家の資本コストが下がり、世界の資本市場への公平な参入機会が開かれる。

 ベンチャーキャピタルの世界が1年間で劇的に変わるとしたら、他にどんな変革ができるだろうか。ブロックチェーンによって、業界内の多くの複雑な仲介機能が一変する可能性がある。すなわち、身元と評価の保証、価値の移動(支払いと送金)、価値の保存(預金)、貸し借り(債権)、価値の交換(証券取引所などのマーケットプレイス)、保険とリスク管理、監査、税などの機能である。

 これにより、我々の知る銀行業は終焉を迎えるのだろうか。それは、既存企業がどう反応するかにかかっている。新しい技術パラダイムを受け入れ、内側から破壊を起こす企業にとっては、ブロックチェーンは存在を脅かすものではない。

 問題は、金融サービス業界の誰がこの革命を主導するかである。歴史を通じて、古いパラダイムの主導者は、新たなパラダイムの受容に苦労してきた。なぜAT&Tはスカイプをつくれず、Visaはペイパルをつくれなかったのか。CNNは言葉を放送用に短くするのが得意なのだから、ツイッターを生み出すこともできたはずだ。ゼネラルモーターズやハーツがウーバーを始めたり、マリオット・インターナショナルがエアビーアンドビーを考案したりもできたはずである。

 現代の金融を支えるインフラを、止めようのないブロックチェーン技術の波が飲み込もうとしている。過去に起きてきたパラダイムシフトと同じように、ブロックチェーンも勝者と敗者を生むだろう。この避けがたい衝突によって、旧態依然とした金融システムがあらゆる人々に繁栄をもたらすプラットフォームへ変わることを、我々個人としては望んでいる。


HBR.ORG原文:How Blockchain Is Changing Finance  March 01, 2017

■こちらの記事もおすすめします
ブロックチェーンとは何か、社会をどう変えるのか――書評『ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現』
ブロックチェーンの破壊的影響は金融業界の枠を超える

 

アレックス・タプスコット(Alex Tapscott)
ノースウエスト・パッセージ・ベンチャーズのCEO。ブロックチェーン分野のスタートアップを支援している。最新刊『ブロックチェーン・レボリューション』は父との共著。
 

ドン・タプスコット(Don Tapscott)
トレント大学総長。トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメント非常勤教授。著書はベストセラーとなった『ウィキノミクス』など多数あり、最新刊は『ブロックチェーン・レボリューション』(息子アレックスとの共著)。2015年のThinkers50(最も影響力のある経営思想家トップ50人)では第4位に選出。