社員の英語力の底上げと
実践的なコミュニケーション能力を育てるTOEIC® Program

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)

2016年5月に、より実際的なビジネスに近い出題内容に変更されたTOEIC® Listening & Reading Test。企業の昇進・昇格の要件として広く活用されているが、2007年から開始された“話す・書く”能力を測るTOEIC® Speaking & Writingも、アウトプットの英語力を育成するテストとして関心が高まっている。TOEIC® Programはどこへ向けて進化するのか、IIBCの永井聡一郎氏に聞いた。

IIBC・IP事業本部
IP普及ユニット
永井聡一郎 ユニットマネジャー

 世界約150カ国で実施され、年間約700万人が受験するというTOEIC® Listening & Reading Test。今、日本国内でTOEIC® L&Rスコアを「昇進・昇格の要件としている」「将来、要件にしたいと考えている」企業の比率は、約4割に及ぶという。

TOEIC® Programを実施・運営するIIBC IP事業本部 IP普及ユニットの永井聡一郎ユニットマネジャーは、「TOEIC® L&Rは、昇進・昇格の要件など人事考課に活用されるほか、海外出張や駐在の基準、新入社員の英語能力測定、自己啓発や英語研修の効果測定に使われています。昇進・昇格のスコアは企業によって違いますが、最近は社員の英語力の底上げを図るため、3〜5年かけて要件スコアを引き上げる企業が増えています」と語る。

 

2015年度 受験者数と平均スコア:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
写真を拡大
 

昇進時により重視される例が増えてきた

 ある会社では、従来の昇進条件は550点だったが、数年かけてスコアを徐々に引き上げ、来年度から730点になるという。TOEIC® L&Rは資格試験ではないため、合否ではなく10点〜990点のスコアで評価される。そのため、健康診断のように定期的に受験して英語力を維持・向上するのが本来のあり方なのだ。

 「それだけ、英語の重要性がクローズアップされてきたということです。一昔前と違うのは、今や国際部門だけに英語力が求められるわけではないこと。例えばメーカーの製造部門が、現地法人のマーケティング部門と直接やり取りして、新製品の開発を行なうというケースは少なくありません。売上高の7、8割は海外なのに、英語を使える社員が1、2割という企業は意外と多く、英語力のある社員の育成が切実な課題となっているのです」

 

<PR>

英語学習のPDCAが
実現できるTOEIC® S&W

 ビジネスをグローバルで展開する企業では今、TOEIC® L&Rに加えて「話す」「書く」能力を測定できるTOEIC® S&W(Speaking & Writing)に注目しているという。

TOEIC® L&Rが受動的な英語能力だとすれば、TOEIC® S&Wは日本人が苦手とする能動的なアウトプットの英語能力を測るテストである。「TOEIC® L&Rスコアが700点あっても発信力に自信を持てない」という悩みはよく聞く話だが、TOEIC® S&Wはそうした悩みを強みに変えることができるテストなのだ。

 多くの企業では、海外拠点や社外との英語によるコミュニケーションの必要性が年々高まっている。国内にいながら、上司や同僚が外国人というケースも増えている。L&Rは英語学習の基礎として大切だが、実際にはアウトプットの必要性も高い。

 「TOEIC® S&Wは、英語学習のモチベーションをさらに啓発するのに適したテストです。企業の課題として、英語学習の継続や動機付けが難しいという話をよく聞きますが、その場合、TOEIC® L&Rで蓄積した英語力を使ってアウトプット(TOEIC® S&W)に挑戦することで、L&Rの重要性を再認識できます。4技能それぞれの英語力をスコアで見える化することで英語学習のPDCA が実現できるのです」

  TOEIC® S&Wの特徴は、文法や発音のミスは円滑なコミュニケーションの妨げにならない限り減点対象にならず、伝えたい内容が相手に的確に伝わるかを測っている点です。また論理的に話を構築して伝える力が求められるなど、TOEIC® S&Wへ向けた学習は、そのままビジネスシーンで実際に活用できるメリットがある。それが企業に評価される理由でもある。

 

<PR>

「日本で何が起きているのかが、実感として伝わってこない」

 IIBCには、企業から様々な課題が寄せられています。その一つが「海外現地法人の悩み」。本社と日々コミュニケーションを行なっている海外現地法人スタッフの本音である。そのいくつかをピックアップしてみよう。

  「日本本社に問い合わせても、英語で満足な回答や説明が得られない。人によってコメント(ニュアンス、ポイント、情報量)が違う」「日本で何が起きているのかが、今イチ実感として伝わってこない」「日本から来るのは一方的な指示ばかり。しかも、情報不足で指示の背景やニュアンスの理解に不安がある。部下への説明に窮する」等々。英語力が不足していることにより、本社と現地法人のコミュニケーションがうまくとれていないケースも少なくない。

 「そのほか『コミュニケーションが高圧的、あるいは友達感覚』という指摘もあります。高圧的というのは、例えば“I request you to explain it to me immediately”などの表現。内容は正しいのですが、上から目線です」

 さらに「用語の定義が統一されていない」という指摘もある。例えばBudgetという単語は、売上予算、販売数量、支出予算など、企業によって定義が違う。個人の英語力を高めることと同時に、組織の英語力を高めることの難しさを表す一例である。

学習への良い影響がTOEIC® Programのメリット

TOEIC® Programを上手に活用し、これらの課題解決の一助として欲しい、と永井ユニットマネジャーは言う。「TOEIC® Programの活用メリットは、スコアを出して能力を判定することだけでなく、テストが持つ波及効果、つまりテストがもたらす学習への良い影響です。TOEIC® L&RやTOEIC® S&Wが、実際的な英語コミュニケーション能力を測るものであるならば、テストを熟知し、テストに向けて学習することが、使える英語力の習得につながります」

TOEIC® L&Rは、新入社員の英語能力測定にも多く利用されている。IIBCによれば、企業が新入社員に期待するスコアは465〜670点だが、近年の大学の英語教育改革で、新入社員のスコアが既存社員の平均点を上回るケースもある。グローバル化の進展で新入社員にも最低限の英語力が求められる時代、スコアの精度や学習効果に定評のあるTOEIC® Programが果たす役割はビジネスの現場でさらに大きくなっている。

 

<PR>