“人機一体”で人間はどう変わるのか
「人間拡張工学」がもたらす新しい世界

人間は道具によって「進歩」という「進化」を遂げてきた

――「自在化」という概念を提唱されていますが、その意味について教えてください。

稲見昌彦(いなみまさひこ)
東京大学大学院 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 教授
1994年、東京工業大学生命理工学部生物工学科卒。1996年、同大学大学院生命理工学研究科修士課程修了。1999年、東京大学大学院工学研究科博士課程修了。東京大学助手、マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学・人工知能研究所客員科学者、電気通信大学電気通信学部知能機械工学科教授、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授などを経て、2015年より現職。

 その前に、まず、人間の特質から説明しましょう。普通の生物は、何世代もかけて遺伝子を変化させながら進化していきます。それに対して人間は、道具をつくったり、環境を自ら変えることによって、「進歩」という名の「進化」を遂げてきた生物なのだと思います。「進化」によって、人間は、それまでできなかったさまざまなことを可能にしてきました。

 なかでも著しい進化を遂げたのは、18世紀半ばに始まった産業革命以降です。蒸気機関に始まり、さまざまな人工システム、機械システムが登場しました。機械によってより力が必要な仕事、より精密な仕事ができるようになりましたが、それに応じて、工場をはじめとした仕事場は、自宅から郊外へ、さらに他県、海外へと自分の身体からどんどん遠くに離れていきました。これが20世紀型の産業モデルといわれるものです。

 20世紀型の産業モデルが不都合だったのは、機械が発達すればするほど、使いこなすことが難しくなる点です。言い換えれば、テクノロジーは専門家によって独占されることになります。そこで現在、既存の技術の見直しが行われているわけです。

 その目標は、これまで使うのが難しかったテクノロジーを、あたかもスポーツシューズでも履くように、専門知識などなくても使いこなせるようにすることです。実現すれば、私たち自身が新たな身体感を持つことになるでしょう。技術を身にまとう、人馬一体ならぬ“人機一体”です。それによって、やりたいことが自在にできるようになることが「自在化」です。それは、前述した機械に代替作業をさせる20世紀型の産業モデルの「自動化」と並立する概念です。21世紀は、20世紀型の「自動化」から「自在化」へ移行していく時代だと考えています。

――身体とテクノロジーの融合によって、身体機能を拡張して老若男女、身障者・健常者が一緒に競技することを目指す「超人スポーツ協会」を設立され話題になりましたが、身体機能の拡張とはどのようなものですか。

 「人間拡張工学」と呼んでおり、バーチャルリアリティ、拡張現実感、ウエアラブル技術、ロボット技術、テレイグジスタンス(遠隔臨場感)など、身体にフォーカスするという観点から横断的にさまざまな研究分野にまたがっているのが一つの特徴です。超人スポーツ協会を立ち上げたことで、直接的な身体機能の拡張に注目が集まっていますが、それだけではなく、バーチャルリアリティを使ってどう拡張していくのか、コンピューターのなかの世界にどう入り込んでいくのかといった拡張の在り方まで含めて研究しています。

トンネルのなかでも外の景色が見える「光学迷彩」

――漫画『攻殻機動隊』に登場する技術「熱光学迷彩」を実際に開発した研究者として世界的に有名ですが、その発想と狙いを教えてください。

 そもそも私は立体映像の研究をしていました。立体映像というとメガネ型のデバイスをかけると、テーブルの上にキャラクターが出てきたりするのが典型で、私が手掛けていたのはプロジェクターと再帰性反射材という特殊な素材を使いメガネなしで立体映像を観察可能なシステムで、1997年頃から研究を始めていました。ある時、机の上に、床の模様を奥行きがあるように立体的に映せば、結果的に机が透明になったような効果を生み出すことに気がつきました。

 そこで誕生したのが光学迷彩です。ものに投影すれば、あたかも透視しているような気分になれるし、人に投影すれば透明人間に見えます。この技術が世界から注目を集めるのは、人は「消える」ことが好きだからしょう(笑)。

 たとえば、自動車で車外の様子が透けて見えるようにすれば死角がなくなります。将来的な応用で最も期待しているのはリニアモーターカーです。ほとんどトンネルのなかを走ることになりますが、光学迷彩の技術を使えば、トンネルのなかでも外の景色が見えるようになります。

――メガネ販売チェーン大手のJINSが開発した「JINS MEME」を使った実験も手掛けています。

 このメガネには、目の動きやまばたきの頻度などを計測できる機能がついています。目の動作には「疲労」「集中力」「病気」「眠気」をはじめ、さまざまな情報が入っているので、その情報を分析すれば、たとえば、「バッターのフォームが悪いのは疲れがたまっているから」「ビジネスマンの疲れが抜けないのは、実は睡眠時無呼吸症だった」といったことがわかります。

 そこで、スポーツ医学、加齢医学、眼科学などさまざまな研究者が専門の立場から、目の情報を分析するアプリを開発しています。我々は、人間の集中力を計測するアプリを開発しました。英語などを読ませれば、動揺などが一発でわかります。ですから、生徒の前で自分は決してかけません(笑)。今後は、一人暮らしの高齢者の安否を確認できるアプリなどを開発できればと思っています。

 このメガネが優れているのは、そうした機能がついているようにはまったく見えない普通のメガネであることです。デートでも、食事でも、かけていて恥ずかしくない。これまでウエアラブル・デバイスは、コンピューターを搭載するという発想が先に立ち、肝心のメガネという機能が置き去りにされていきました。ようやく本物のウエアラブル・デバイスが出てきたという印象です。

――バーチャルリアリティについては、古くから研究に取り組まれています。進展はいかがですか。

 私がバーチャルリアリティに興味を持ったのは、1990年、大学一年の頃でした。当時は、とにかく何もかもが高価で限られた人しか体験できませんでした。何しろメガネ型のディスプレイ一つが200万円から400万円、コンピューターグラフィックスを映し出すためのワークステーションは2000万円から1億円もしました。しかも、ワイヤレス通信が不自由な時代でしたから、メガネ型のディスプレイをつけて動けるのはケーブルが届く範囲のみ。その状態を「鎖につながれた犬」と言っていました。

 あれから20年で社会や研究環境は大きく変わりしました。まず、インターネットの商用利用が認められ、ワイヤレス通信が発達しました。普通に使っているスマホでも、当時のコンピューターと比べれば、計算速度、通信速度ともに1000倍以上です。GPSも使えます。生物学でいえば、これでようやくイン・ビトロ(試験管)からイン・ビボ(生体)へ、限られた人が実験室でしかできなかったことが、広く一般の人もできるようになったのです。この変化が最も大きいでしょう。

労働・移動・所有の概念が大きく変わる

――バーチャルリアリティ、拡張現実感、ウエアラブル技術、ロボット技術などによって、私たちのビジネススタイルはどう変わりますか。

 まず、人の移動に対するコスト意識が激変すると思います。バーチャルリアリティやテレイグジスタンスの進化によって、あたかも対面で話しているかのようなコミュニケーションが図れるようになるし、テレポーテーションのように、光と同じ速度で、世界中のどこでも姿を現すことができるようになるわけです。

 先日、フェイスブックが、バーチャルリアリティ用のヘッドセットを開発するオキュラスを買収しました。SNSの世界こそ、テレポーテーションがぴったりだと考えているからでしょう。テレポーテーションで自由自在に世界を飛び回るようになる日は、それほど遠くはないと思います。

 出張などがなくなり、人が移動しなくなれば、運輸会社は大きな打撃を受けるかもしれません。一方で、客船に乗ることが豪華レジャーになったように、鉄道に乗ることが休日のレジャーになるかもしれません。

――製造業などは、どう変化していくのでしょう。

 極論すると、自動化が困難とされる作業についても、自分の分身となるロボットが工場にいて、それを自宅から操作するといった働き方に変わるでしょう。そうなれば、操作する人はどこの国の人でもかまわなくなります。一つの工場で、さまざまな国の人が働くイメージです。国境の意味は薄れ、海外に出稼ぎに行く必要もなくなります。身体は自宅に置いたまま世界中で働けるからです。

――人間のメディア化についても指摘されています。

 人間のメディア化は、自分の身体の共有化と言い換えることもできます。すでに海外でスタートしている「オムニプレゼンツ」というサービスがわかりやすいでしょう。それは、頭に小型のカメラをつけて、スマホやヘッドホンで指示を聞きくものです。カメラに映るものは、ユーザーからも見えます。

 大勢の人がカメラをつけるようになれば、たとえば、外出先から、家の近くを通りかかった人に親の様子を見てもらうとか、忘れていたネコのえさやりを頼むことができるようになります。さらに、その道の達人にスカイダイビングをしてほしいとか、知人にコンサートを見てきてほしいといった頼み事をしたり、あるいは、これから野球観戦に行くから映像を見たい人を募集するといったこともできるでしょう。カメラを通して、自分の身体を大勢の人が共有するともいえるし、空き時間にアルバイトをしているともいえるでしょう。利用する人から見れば、他人の身体との合体です。

――ビジネスどころか、自分という概念も変わりそうですね。

 会社、自分、社会などあらゆる概念が変わると思います。これまでは、プライベートな時間と会社で働いている時間しかありませんでしたが、自在化が進んでいけば、バーチャルリアリティで会議のために複数の場所に現れたり、カメラを通じて複数の人と身体を共有したり、たとえば足が悪い人と手が悪い人が、それぞれの自宅から合体したように一緒に一つのロボットを動かして作業をするといったことが当たり前になるでしょう。その時に、産業革命から続いてきた労働・移動・所有という概念は大きく変わるはずです。たとえば、これまで自分の身体は常に自分のものでした。しかし、今後は、テレビのザッピングのように、他人のために、ちょっと身体を貸すという状態が頻繁に生じます。時間ごとに仕事や自分の身体の借主が変わるといったことが出てくるでしょう。

 現在は、IT革命の時代といわれていますが、これまでお話したように身体観や人間観が変わった時に、実は次の時代に向かうための産業革命だったと後になって思うのではないでしょうか。そろそろ、その転換期に差しかかっていると思います。

(構成/竹内三保子 撮影/宇佐見利明)