2003年9月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

買収先の顧客収益性は健全か M&Aの真の目的は「優良顧客」の獲得にある

M&Aに対する誤った期待と見解がはびこっている。企業を買うということは顧客を買うことなのだ。M&Aを「顧客を通じて株主価値を創出する手段」として見れば悲惨な買収を未然に避け、有益な買収先を選ぶことができるだろう。そのためにはまず、顧客の収益性の分析から始めるべきである。


ラリー・セルデン   コロンビア大学 ビジネススクール 名誉教授

ジェフリー・コルビン   『フォーチュン』誌 シニア・エディター

PDF記事:12ページ[約1,062KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking