2003年10月号 特集 ビジネス・リーダーの危機管理学 記事詳細

■ 特集 ビジネス・リーダーの危機管理学

危機管理の落とし穴 「不測の事態」の心理学

企業は安定した確実な存在である、という前提に立つのは危険である。いざ予測不可能な事態が生じ、見慣れた世界が崩れ去ると、麻痺状態に陥るからだ。予測不可能な事態への認識を深め、より適切に対処するには、敏感さと「意識の高さ」を身につける必要がある。企業の単純化とスリム化が叫ばれるなかで、組織行動ならびに組織心理の権威であるカール E.ワイクは、組織は複雑な存在であることを忘れてはならないと警告する。


カール E. ワイク   ミシガン大学ビジネススクール 教授

PDF記事:10ページ[約1,222KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking