2003年12月号 特集 リーダーシップの心理学 記事詳細

■ 特集 リーダーシップの心理学

「増幅効果」をいかに活用できるか コア・グループ:組織を支配する見えない力

あらゆる組織に目に見えない「コア・グループ」が存在する。よくも悪くも、この非公式な集団が組織の方向性を決定している。エンロン事件はコア・グループの負の影響力を端的に表した実例だ。ただしコインの裏表のごとく、正の影響力を行使する集団でもある。そして、このように機能している組織は多数存在している。いずれにしても、このコア・グループの「増幅」効果を理解し、それを踏まえたリーダーらしい言動を怠ることがなければ、組織は健全性や創造性を向上させることができる。


アート・クレイナー   ダイアゴロス・リサーチ ディレクター

PDF記事:10ページ[約1,714KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2003年12月号
    「学習性無力感」を払拭する
    自信と信頼なくして企業再生なし

    ロザベス・モス・カンター ハーバード・ビジネススクール 教授
  • 2003年12月号
    バラ色の「色眼鏡」を外せ
    楽観主義が意思決定を歪める

    ダン・ロバロ ニューサウスウェールズ大学 オーストラリア経営大学院 上級講師
    ダニエル・カーネマン プリンストン大学 教授
  • 2003年12月号
    組織に「癒しの力」を宿らせる
    リーダーの「心配り」が問われる時

    ジェーン E. ダットン ミシガン大学 ビジネススクール 教授
    ピーター J. フロスト ブリティッシュコロンビア大学 教授
    モニカ C. ワーライン エイモリー大学 ゴイズエタ・ビジネススクール 助教授
    ジャコバ M. リリウス ミシガン大学 組織心理学部 博士課程
    ジェイソン M. カノブ ミシガン大学 組織心理学部 博士課程
  • 2003年12月号
    社内に広まる根拠なき噂話
    変わり者をめぐる疑心暗鬼をいかになくすか

    ジェームズ・アラン・フォックス ノースイースタン大学 リップマン・ファミリー記念講座 教授
    スティーブ・カウファー 職場内暴力研究所 共同創立者
    クリスティーン・ピアソン アメリカ国際経営大学院サンダーバード校 準教授
    キム・スキルダム=レイド 南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 助教授
    ロナルド・スハウテン マサチューセッツ総合病院 法務部長兼精神医学サービス部長
    アイリーン・ロッシュ HBR アソシエート・エディター

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読キャンペーン
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking