2004年2月号 特集 P.コトラーのマーケティング論 記事詳細

■ 特集 P.コトラーのマーケティング論

【未訳論文 3:1967年11月発表】 ORをどのように生かしてきたか マーケティング・サイエンスの原点

マーケティングの意思決定は、長い間、属人的な勘と主観を頼りに下されてきた。しかし、本稿が発表された1960年代後半になると、高度な定量分析を取り入れようとの動きが、企業の間に少しずつ広がり始めてきた。新商品の開発・投入、プライシング、広告、物流、営業部門のマネジメントといったさまざまな分野で、実地への応用も進んできていたのである。オペレーションズ・リサーチをマネジメントに生かし始めた黎明期のマーケティング手法を知るものだ。


PDF記事:14ページ[約1,367KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking