2004年4月号 特集 一流のリーダー 三流のリーダー 記事詳細

■ 特集 一流のリーダー 三流のリーダー

聖人君子が理想のリーダーとは限らない リーダーシップの不条理

ジャック・ウェルチやリチャード・ブランソンには強い母親と存在感の薄い父親の影が見られるという。CEOを精神分析することで、リーダーの要件、その能力の形成プロセス、さらには陥りやすい罠がわかる。リーダーはけっして体系的に育てられるものではなく、幼児期の経験、文化、成人後の人間関係など、さまざまな変数が影響し合う複雑なプロセスを伴う。マンフレッド F R.ケッツ・ド・ブリースは世界でも数少ない実業界を研究対象とする精神分析家で、またリーダーシップ研修やコーチングを提供している。


マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリース   INSEAD 教授

PDF記事:12ページ[約1,221KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking