2004年7月号 特集 ハイ・パフォーマンス人材の行動学 記事詳細

■ 特集 ハイ・パフォーマンス人材の行動学

カレイドスコープ思考で見つめ直す 「色褪せない成功」を求めて

目標を一つに絞り、まっしぐらに突き進むのも時にはいいかもしれない。ただし、それによって得られた成功は、はたして人生を満足させるものなのだろうか。うたかたではなく、色褪せることのない成功――。このような成功を体現している人は共通して、エネルギーの配分を適宜変えながら、複数の目標を着実に実現させている。「カレイドスコープ思考」と呼ぶ、成功のフレームワークを身につけるための心得と方法論を披露する。


ローラ・ナッシュ   ハーバード・ビジネススクール シニア・フェロー

ハワード・スティーブンソン   ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF記事:12ページ[約2,594KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking