2004年7月号 特集 ハイ・パフォーマンス人材の行動学 記事詳細

■ 特集 ハイ・パフォーマンス人材の行動学

言い訳や泣き言は何の解決にもならない 行動するマネジャーの心得

ほとんどのマネジャーや社員たちが、時間も足りなければ、資源にも人材にも乏しいとこぼす。一見正当に思えるこの発言を裏返すと、そこには、行動を起こすことへのためらいや恐れがうかがわれる。5年間にわたる数百人を超える管理者たちへのインタビューと観察調査の結果、このような「忙しがり屋病」を克服し、組織の目標と自分の目標を同時実現させるには3つの心得が有効であることがわかった。


スマントラ・ゴシャール   ロンドン・ビジネススクール 教授

ヘイケ・ブルッフ   セント・ガレン大学 教授

PDF記事:8ページ[約1,362KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ