2004年8月号 特集 経営者人材のコンピタンシー 記事詳細

■ 特集 経営者人材のコンピタンシー

意思決定を歪める 道徳家ほど己の偏見に気づかない

ほとんどの経営者やマネジャーたちが自分は倫理的に行動していると信じている。人種的偏見もなく、性差別意識もなく、情実人事などもってのほかと考える。だが彼らも、無意識のうちに、さまざまな偏見を抱えており、それらに基づいて意思決定を下している。本稿では、潜在的偏見の原因を4つ挙げて、自覚を促し、これらの防止策について論じる。


マーザリン R. バナジ   ハーバード大学 教授

マックス H. ベイザーマン   ハーバード・ビジネススクール 教授

ドリー・チャフ   ハーバード・ビジネススクール 博士課程

PDF記事:12ページ[約1,172KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking