2004年10月号 特集 提案力のプロフェッショナル 記事詳細

■ 特集 提案力のプロフェッショナル

ハリウッドの脚本家に学ぶ 共鳴の演出法

どんな素晴らしい商品やアイデアであろうと、いかに入念なプレゼンテーションを準備しても徒労に終わることがある。一方、さしたるアイデアでなくともあっさり成功することもある。これらは、どのような聞き手も自分が信じる判断基準に照らしてプレゼンテーターへの印象のよし悪しを判断することに起因している。ならば、いかに努力しても、もうお手上げではないか。実は、プレゼンテーションに成功するタイプは3つある。自分にしっくりくるタイプを見つけて、これを演じることで、あなたのプレゼンテーションの成功確率は必ず高まる。ただし、提案するものが悪ければ話にならないが――。


キンバリー D. エルズバック   カリフォルニア大学デイビス校 准教授

PDF記事:10ページ[約1,192KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking