2004年10月号 特集 提案力のプロフェッショナル 記事詳細

■ 特集 提案力のプロフェッショナル

想像力、創造力、感受性を磨く 表現のレシピ

どんな優れたアイデアも、提案の仕方が悪ければ絵に描いた餅だ。どんな最新の機器を携えて提案の場に臨んでも、道具に使われているようでは心もとない。より正確に提案内容を伝えるには、もう一つの道具が必要になる。自分の肉体だ。言葉や声、しぐさを使った表現を提案の場で生かすのである。評価者である相手も感情の動物。心をくすぐる何かがあれば、評価もアップするというものだ。豊かな身体表現を身につけることで、プレゼンテーションは成功へと一歩近づくだろう。


細川 俊之   俳優/大阪芸術大学 芸術学部 教授

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking