2005年7月号 特集 戦略思考のプロフェッショナル 記事詳細

■ 特集 戦略思考のプロフェッショナル

チェスのアナロジーから読み解く 勝負師の戦略思考

1985年当時、それまで最強といわれていたアナトリー・カルポフを破り、22歳という史上最年少で、チェスの世界チャンピオンの座に着いた。また、IBMのスーパー・コンピュータ〈ディープ・ブルー〉との対戦でも有名だ。本インタビューでは、チェスは一般に論理的な知的ゲームと認識されているが、カスパロフによれば、論理的思考や分析よりも直感のほうが重要であるという。また、優位に立っている時こそ、果敢に攻めなければならないこと、相手の土俵に乗せられた時には、むしろ悠然としていること、トップになるには、同じような好敵手が存在しなければならないことなど、ビジネスの世界にも等しく当てはまる教訓を述べている。なお、カスパロフは2005年3月に引退を宣言している。


ガルリ・カスパロフ   元 チェス世界チャンピオン

PDF記事:9ページ[約1,574KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking