2005年8月号 特集 「コモディティ化」時代のマーケティング戦略 記事詳細

■ 特集 「コモディティ化」時代のマーケティング戦略

ポジショニング次第で商品は生まれ変わる 「脱」ライフサイクルの市場戦略

商品も人間と同じく、生まれ落ちてからだんだんと成熟し、ピークを過ぎると、次第に衰退し、消えていく。これが、「商品ライフサイクル」の法則である。しかし、このマーケティングの常識はもはや「非常識」である。「リバース」「ブレイクアウェイ」「ステルス」という三つのポジショニング戦略を巧みに操ることで、商品を生き返らせることができる。本稿では、IKEA、コマース・バンク、ソニー、ハインツ、アップルなどのポジショニング戦略を分析し、商品ライフサイクルの呪縛から逃れる方法を提示する。


ヤンガム・ムーン   ハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF記事:12ページ[約1,141KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking