2005年10月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

人的資本の最大化 「ピープル・ビジネス」の経営管理論

ビジネスの大半が人的資本で勝負が決まる。労働集約型の事業には固有の経済的特徴があるため、それに見合った業績管理指標や報酬体系が必要だが、そのほとんどにおいて整っていない。本稿では、このような事業を「ピープル・ビジネス」と呼び、そのためのマネジメント論を展開する。


フェリックス・バーバー   ボストン コンサルティング グループ シニアアドバイザー

ライナー・ストラック   ボストン コンサルティング グループ ヴァイスプレジデント

PDF記事:14ページ[約1,557KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ