2005年10月号 特集 内部統制の時代「日本版SOX法」の衝撃 記事詳細

■ 特集 内部統制の時代「日本版SOX法」の衝撃

「自己奉仕的バイアス」の影響が監査を歪める 善意の会計士が不正監査を犯す理由

監査制度への信頼を回復するためにサーベンス・オクスリー法が導入された。しかし、会計や監査には主観がたえずつきまとう。特に「自己奉仕的バイアス」の存在はやっかいである。その影響度を検証するための実験を実施した結果、いかに清廉潔白で、知識とキャリアに優れた会計士でも、このバイアスから逃れられないことが判明した。つまり、制度を厳しくしただけでは十分ではないのだ。このようなバイアスの存在を認め、その悪影響を緩和する施策を合わせて講じてこそ、その実効が上がるといえるだろう。


マックス・H・ベイザーマン   ハーバード・ビジネススクール 教授

ジョージ・ローウェンスタイン   カーネギーメロン大学 教授

ドン・A・ムーア   カーネギーメロン大学 テッパー・スクール・オブ・ビジネス 助教授

PDF記事:10ページ[約2,001KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2006年4月号
    無意識に重要情報を排除する
    「意識の壁」が状況判断を曇らせる

    マックス・H・ベイザーマン ハーバード・ビジネススクール 教授
    ドリー・チュー ハーバード・ビジネススクール 研究生
  • 2008年3月号
    逆転の解決策は必ず見つかる
    調査交渉術

    ディーパック・マルホトラ ハーバード・ビジネス・スクール 教授
    マックス・H・ベイザーマン ハーバード・ビジネススクール 教授
  • 2005年10月号
    「他山の石」とできるか
    SOX法をめぐる五つの警告

    中澤 進 アイ・ビー・エム ビジネスコンサルティングサービス パートナー
    松原 榮一 ガートナージャパン ITマネジメントグループ リサーチディレクター
    ポール・M・ヒーリー ハーバード・ビジネススクール 教授
    クリシュナ・G・パレプ ハーバード・ビジネススクール 教授
    スーザン・コニアック ボストン大学 教授
    エリオット・スピッツァー ニューヨーク州司法長官
  • 2005年10月号
    グローバル競争の必要条件
    内部統制の実学

    久保 惠一 トーマツ パートナー 兼トーマツ企業リスク研究所 所長
    杉山 雅彦 トーマツ シニア・マネジャー
    森谷 博之 トーマツ シニアスタッフ

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読キャンペーン
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking