2005年11月号 特集 トリプルAのリーダーシップ論 記事詳細

■ 特集 トリプルAのリーダーシップ論

継続と変革のバランスを図る デル:「勝利する組織」の創造

マイケル・デルがPCを受注生産によって直接販売するというアイデアを考えて事業を興したのは一九八四年。以来、デルは市場シェアを拡大しながら、大きな利益を株主に還元し続けている。その好循環を支える要因として、その独自のビジネスモデルのみならず、年々その成熟度を増すマネジメント・モデルを挙げないわけにはいかない。二〇〇四年にマイケル・デルが会長に、ケビン・ロリンズが社長兼CEOとなり、より明確になった二人の共同的リーダーシップの秘訣を問う。


マイケル・デル   デル 会長

ケビン・ロリンズ   デル 社長兼CEO

PDF記事:14ページ[約1,182KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking

特別企画