2005年12月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

在庫起因コストを明らかにせよ IDC:HPの新・在庫管理手法

一九九〇年代、ヒューレッド・パッカードも在庫問題に悩んでいた。この問題を正しく解決するには、戦略を抜本的に変更し、サプライチェーンを再構築しなければならなかった。そこでHPは「在庫起因コスト」(IDC)という、過剰在庫を発生させる要因を特定するツールを開発した。これを用いることで、サプライチェーンのどこを改善し、どのような戦略に転換すべきかが見えてくる。これはPC部門で大きな成果を上げ、その後全社的に導入され、おかげでHPはより利益重視の組織に進化した。


ジャンパオロ・カリオーニ   ヒューレット・パッカード サプライチェーン戦略企画担当ディレクター

サビエル・ド・モンテグロス   ヒューレット・パッカード サプライチェーン開発担当ディレクター

レジーヌ・スラグマルダー   INSEAD 助教授

リュック・N・ファン・バッセンホーブ   INSEAD 教授

リンダ・ライト   ヒューレット・パッカード ファイナンス・マネジャー

PDF記事:10ページ[約896KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking