2005年12月号 特集 高業績の経営 組織能力を極大化する 記事詳細

■ 特集 高業績の経営 組織能力を極大化する

管理、責任、影響、支援範囲を最適化する 業績は「権限と責任」に従う

製品やサービスがいくら魅力的であろうと、立案した戦略がいかに事業環境にふさわしいものでも、その責任を負うリーダーの職務設計が間違っていれば期待値はおろか、高水準の業績など望むべくもない。高業績を実現するには、「管理範囲」「責任範囲」そして「影響範囲」「支援範囲」という視点から職務設計を見直し、これに基づいて経営資源を配分しなければならない。本稿は、その実践法について具体的に解説する。


ロバート・サイモンズ   ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF記事:12ページ[約1,204KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking