2005年12月号 特集 高業績の経営 組織能力を極大化する 記事詳細

■ 特集 高業績の経営 組織能力を極大化する

顧客と従業員のエンゲージメントを最適化する ヒューマン・シグマ:良質な顧客接点をつくる

世論調査で有名なギャラップ・オーガニゼーションが、企業数社の営業部門やサービス部門に対してシックス・シグマによる分析を試みた。その結果、一見似通った事業ユニットといえども、パフォーマンスのバラツキは非常に大きいことがわかった。「ヒューマン・シグマ」と名づけられたこのアプローチによって、グループ、個人の業績のバラツキを個々に管理することで、全社の業績は向上し、有機的成長に結びつけることができる。


ジョン・H・フレミング   ギャラップ・オーガニゼーション 主任研究員

カート・W・コフマン   ギャラップ・オーガニゼーション グローバル・プラクティス・リーダー

ジェームズ・K・ハーター   ギャラップ・オーガニゼーション 主任研究員

PDF記事:12ページ[約971KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking