2006年4月号 特集 「決断」の科学 記事詳細

■ 特集 「決断」の科学

役割を明確にすれば、組織能力が上がる 意思決定のRAPIDモデル

優れた意思決定を素早く安定して行えることが高業績企業の特徴だが、それらにおいても、意思決定権の所在があいまいになる時がある。「グローバル対ローカル」「本社対事業部」「部門間」「社内対社外パートナー」、これら四つがボトルネックとなりがちである。本稿では、BAT、ワイス、ジョン・ルイスなどのケースを基に、こうした意思決定のボトルネックを解消するための方法を提示する。ポイントは、だれが助言し、だれが決定権を持ち、だれが実行するのかである。


ポール・ロジャース   ベイン・アンド・カンパニー・パートナー

マルシア・ブレンコ   ベイン・アンド・カンパニー・パートナー

PDF記事:11ページ[約1,868KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking