2006年6月号 特集 顧客「再発見」のマーケティング手法 記事詳細

■ 特集 顧客「再発見」のマーケティング手法

ベイズ推定で購買行動を予測する いつ、だれに、何を売るかを知る方法

顧客行動の予測はきわめて難しい。企業は何百万ドルもの資金を費やしてCRMシステムを構築し、顧客データを集め、それを基に顧客に売り込み攻勢をかけるが、それがかえって離反を招く結果となることも多い。問題は、間違った前提で顧客行動の確率を計算する、精度の低い従来の予測にある。ベイズ統計学によって顧客行動の予測精度を高める具体的な手法を提案する。


V・クマー   コネチカット大学経営大学院 教授

ラジクマー・ベンカテサン   コネチカット大学経営大学院 助教授

ベルナー・ライナルツ   INSEAD 准教授

PDF記事:10ページ[約1,097KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking