2012年6月号 特集 アメリカ経済の正念場「競争力」再生 それは日本への教訓か 記事詳細

■ 特集 アメリカ経済の正念場「競争力」再生 それは日本への教訓か

「自律度と成熟度のマトリックス」で再考する アメリカ製造業復権のシナリオ

アメリカは、ここ数十年にわたって「脱工業化経済の下でも生き延びられる」という仮説を検証してきた。

しかし、2009年のマッキンゼー賞受賞論文「競争力の処方箋」の筆者ゲイリー・ピサノとウィリー・シーは「いますぐこの実験をやめなければいけない」と警告する。この実験によって、アメリカは、金融とITでグローバル・リーダーの座を獲得したが、その結果、「ものづくり」の力が弱体化してしまった。しかも、このような傾向のせいで、今後ますます重要かつ有望と目されている環境技術やエネルギー、バイオテック、航空宇宙、ハイテク医療機器などの分野において、かつての優位性が脅かされつつある。

ピサノとシーは、製造部門を単にコスト・センターと見なすのではなく、イノベーションのために不可欠な場合とアウトソーシングしてもかまわない場合を見極める必要があると訴える。

本稿では、これを見分けるツールとして、「製造技術の自律度」(R&Dと製造はそれぞれ自律しており、切り離しても支障がないかどうか)と「製造プロセスの成熟度」の2軸から成るマトリックスを紹介し、アメリカ製造業におけるイノベーションのあり方、そのために連邦政府が果たすべき役割を解説する。


ゲイリー P. ピサノ   ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ウィリー C. シー   ハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF記事:13ページ[約2,477KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking