2006年11月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

やり手リーダーの暴走を防ぐ 達成動機のマネジメント

「達成動機」は、より高い業績を上げたいという積極的な動機である。これは個人の強さの源泉にほかならないが、度が過ぎると、業績ばかりに心奪われ、職場の志気を低下させるといった弊害を引き起こしかねない。四万人以上のマネジャーへの調査から、達成動機をいかに自己管理するかについて提言する。


スコット・W・スプライア   ヘイ・グループ シニア・コンサルタント

メアリー・H・フォンテイン   ヘイ・グループ バイス・プレジデント 兼マネージング・ディレクター

ルース・L・マロイ   ヘイ・グループ 研究・技術担当ディレクター

PDF記事:12ページ[約1,321KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2006年11月号
    HBR論文から読み解く
    マネジメント理論の三〇年史

    森本 博行 首都大学東京 大学院社会科学研究科 教授
    岩崎 卓也 『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』 編集長
  • 2006年11月号
    PartⅠ 【HBR名著論文30選】
    戦略の源流を探る

    セオドア・ レビット ハーバード・ビジネススクール 名誉教授
    マイケル・ E・ ポーター ハーバード大学 教授
    ゲイリー・ ハメル 
    C・ K・ プラハラッド ミシガン大学 ビジネススクール 教授
    ジョージ・ ストーク・ ジュニア ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイスプレジデント
    フィリップ・ エバンス ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイスプレジデント
    キム・ B・ クラーク ブリガム・ヤング大学 学長
    藤本 隆宏 東京大学大学院 教授
    野中 郁次郎 一橋大学大学院 教授
    ジョセフ・ L・ ボウアー ハーバード・ビジネススクール 教授
    クレイトン・ M・ クリステンセン ハーバード・ビジネススクール 教授
    アダム・ M・ ブランデンバーガー ハーバード・ビジネススクール 教授
    バリー・ J・ ネイルバフ エール大学 教授
    シドニー・ シェフラー ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 客員教授
    ロバート・ D・ バゼル ハーバード・ビジネススクール 教授
    フィリップ・ コトラー ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授
    トーマス・ V・ ボノマ ハーバード・ビジネススクール 教授
    フレデリック・ F・ ライクヘルド ベイン・アンド・カンパニー 名誉ディレクター
    ジェイムズ・ L・ ヘスケット ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking