2006年11月号 特集 偉大なる経営論 記事詳細

■ 特集 偉大なる経営論

Part III 【HBR名著論文30選】 どのような未来を切り開いていくのか ビジョナリー・カンパニーへの道

1994年に刊行された『ビジョナリー カンパニー』は、25カ語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。同書においてコリンズとポラスは独創的な「ペア分析」という手法によって調査し、長期的な成長の源泉は「基本理念」にあることを訴えた。彼らは、基本理念に基づくマネジメントの有効性を、時に膨大な調査の緻密な分析によって、時に具体的な企業事例によって論証する。創刊30周年を記念して、両名がちょうど10年前にHBR誌に寄稿した論文を掲載する。この論文は、いまなお多くのマネジャーたちから支持されている。


ジェームズ・C・コリンズ   コンサルタント

ジェリー・I・ポラス   スタンフォード大学経営大学院 名誉教授

PDF記事:16ページ[約1,382KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ