2007年2月号 特集 戦略論の原点 記事詳細

■ 特集 戦略論の原点

米英独二〇〇大企業の歴史研究が明かす スケール・アンド・スコープ:産業成長の論理

産業の初期に生産施設のみならず、マーケティングやマネジメントにも多額の投資を傾けた企業は、長期に「規模の経済」と「範囲の経済」を享受しうる。二〇世紀の経済成長に最も重要な役割を果たしてきた産業のいずれを見ても、同じパターンが繰り返されてきた。これらの産業の支配者となった企業は、産業資本主義を推進する成長と競争のダイナミックな論理、すなわち、筆者の言うところの「経営者企業の論理」を理解しており、逆にこの論理を軽視した企業は市場から駆逐されてしまった。


アルフレッド・D・チャンドラー   ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF記事:17ページ[約1,419KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking