2007年2月号 特集 戦略論の原点 記事詳細

■ 特集 戦略論の原点

【一九六五年度マッキンゼー賞受賞論文】戦略は予測することから始まる 企業の未来

「戦略経営の父」、ハリー・イゴール・アンゾフは、その歴史的著作『企業戦略論』を著した一九六五年に本稿を発表した。彼の基本姿勢は、企業は環境に規定され、環境変化の予測が戦略を決めるというもので本稿はまさしくこの考え方に基づいて執筆されている。これは、その後のポジショニング論などの前提となるものである。また、自社独自の特殊能力を身につける必要性についても訴えている。これも、その後のコア・コンピタンスやリソース・ベースト・ビューなど、戦略は組織能力に依存するという考え方に影響を及ぼしている。


H・イゴール・アンゾフ   元 アライアント・インターナショナル大学 特別教授

PDF記事:12ページ[約1,095KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking