2007年5月号 特集 クリエイティブ資本主義 記事詳細

■ 特集 クリエイティブ資本主義

デジタル・ネットワークが巨大企業を分裂させる eランス経済の台頭

トーマス・W・マローンらは一九九〇年代、二一世紀の組織のあり方を探る研究プロジェクトから得られた知見として、デジタル・ネットワークに結合された独立した個人という「eランサー」が価値を創造する「eランス・エコノミー」の台頭を本稿で提唱した。その主張は、二一世紀をデジタル・ネットワークの進展によって、大企業が小さな単位に分割されていく過渡期ととらえるものである。現在、このようなワーク・スタイルの変化は世界的に本格化している。


トーマス・W・マローン   マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 教授

ロバート・J・ローバチャー   マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント MITセンター・フォー・コーディネーション・サイエンス リサーチ・アソシエート

PDF記事:11ページ[約1,794KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking