幸せな家庭を築くには仕事のノウハウを取り入れよう

1

家庭よりも職場のほうが、すべてのことがスムーズに運ぶ。そう考える人も多いだろう。職場では、明確な目標を設定し、チームメンバーの個性に配慮しながら、着実に計画を実行する人でも、家庭ではそれをやろうとしないのはなぜだろうか。筆者は、家庭でリラックス時間を確保するために、仕事のノウハウを導入することを提案する。


 つい最近のことである。私は3週間近く出張して、海外数ヵ国および米国内の2~3都市で会議や話し合いをした。その旅と仕事は楽しかったとはいえ、帰路に着いたときは、ほっと胸をなでおろした。さあ、リラックスしよう。

 だが、期待していた安らぎは見つからなかった。出張中は考えないようにしていた仕事はもちろんのこと、家族や友人、教会の集まりのためにやるべき無数の作業や雑用が待っていたからだ。それらすべてに再び向き合うのは楽しかったが、我が家でくつろいだ気分にはなれなかった。むしろ忙しくて、やっかいで、やや無秩序に思えた。

 そのときに感じたフラストレーションを毎週送信しているニュースレターに記したところ、寄せられた反応に驚いた。多くの人が私と同様に、家庭よりも職場でのほうが、すべてのことがスムーズに運ぶと実感しているようなのだ。

 ここで少し、背景を説明しておく必要があるだろう。私は音楽学士号を取得してほどなく、夫と2人でニューヨーク市に引っ越し、以来、一家の主たる稼ぎ手であった。夫は博士課程を修了後、メモリアル・スローン・ケタリング癌センターでポスドク研究員になった。そして、私は図らずもウォール街でキャリアを開始した。

 私たちはやがてボストンに引っ越し、私はそこで金融の仕事を続け、夫はマサチューセッツ大学メディカル・スクールでアカデミックなキャリアを開始した。数年後、彼はいったんコースを外れ、親業に専念することにした。これは、すべての家庭がそうしたくてもその余裕があるとは限らない贅沢だと私は考えている。

 だが、それからの歳月、私は長時間働き、より頻繁に出張するようになった。白状すると、配偶者が家事と子育てのいっさいをうまく切り盛りするという役割分担に、私はすっかり順応した。1950年代の典型的な父親が会社から帰宅するとくつろいでテレビを見ているという図式が、完全に逆転したとまではいかないが、それに近かった。いろいろな意味で、私はややこしいことに巻き込まれる必要がなかった。家族と過ごす時間の大半は、私にとってひたすら楽しい時間だった。

 だが数年前、夫はアカデミックな世界で常勤の仕事に復帰した。近頃、夫はやりがいのある専門職とコミュニティでの仕事の両方を引き受け、しかも、私の出張中は留守番役も務める。大学と家庭という2つの最前線で働いているのだ。それはつまり、気づくにはしばらく時間がかかったが、私もいまや家庭内の戦力として、夫と同じように貢献する必要があるということだ。

次のページ  家庭生活をスムーズに回すにはビジネスの知見を取り入れよう»
1
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

 

スペシャルコンテンツ