2019年4月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

常に最先端にアクセスし続ける 才能の集積地で知識と人脈を取り込む法

2016年、ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ボストンへの本社移転を発表した。 最先端の技術に通じた人材が集まるボストンでデジタル化を加速する狙いである。 GEのような本社移転ではなくとも、最新技術やスキルを知り自社のイノベーションを活性化するために、優秀な人材が集まるホットスポットにアクセスする企業の動きが活発化している。 筆者はこのための方法を3つ挙げ、それぞれのメリットとデメリットを考察する。 これら3つの方法を併用することも可能だと言う。日本企業は大都市に集中する傾向にあるが、こうした才能の集積地へのアプローチは参考になることも多いだろう。

ウィリアム R. カー   ハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF記事:11ページ[約1,494KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

 

スペシャルコンテンツ