2019年4月号 特集 シニア人材を競争力に変える 記事詳細

■ 特集 シニア人材を競争力に変える

キャリアが描けない企業に未来はない ポストが空かない職場で若手の意欲を高める3つの施策

退職年齢を過ぎても、ポストにしがみ付いて、辞めようとしない傾向が強まっている。 こうした「ポストの占拠」は、若手従業員の昇進機会を少なくし、優秀な人材の離職を招きがちである。 高齢化社会で、キャリアに基づくインセンティブ制度が不全になる中、どのようにして労働者の働く意欲を高めていくか。3つの施策を提示する。

ニコラ・ビアンキ   ノースウェスタン大学 ケロッグスクール・オブ・マネジメント 助教

ジン・リー   香港大学 教授

マイケル・パウエル   ノースウェスタン大学 ケロッグスクール・オブ・マネジメント 准教授

PDF記事:5ページ[約639KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

 

スペシャルコンテンツ