2007年6月号 特集 「勝利」の戦略論 記事詳細

■ 特集 「勝利」の戦略論

ビジネスモデルの寿命は短縮化している 新たなコア事業を発見する法

ポラロイドやボシュロムの例が教えるように、自社の歴史ともいえるコア事業が「突然死」してしまうことがある。九四年の「フォーチュン五〇〇」にランキングされた企業のうち、この一〇年の間で、コア事業の転換を強いられた企業は一三〇社に上る。とはいえ、これらがすべて必ずしも成功しているわけではない。コア事業の転換に成功した企業を見てみると、社内の「隠れた資産」、未活用の経営資源やケイパビリティを見出し、業界のプロフィット・プールを入念に分析しながら、既存のコア事業の周辺もしくは延長線上の、新たなコア事業を創造している。本稿では、アップル、IBM、デビアス・グループ、パーキンエルマーなどいくつかのベスト・プラクティスを紹介しながら、その方法論を解説する。


クリス・ズーク   ベイン・アンド・カンパニー ディレクター

PDF記事:13ページ[約1,419KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2003年5月号
    アイデアは自由貿易に向かう
    オープンマーケット・イノベーション

    ダレル・リグビー ベイン・アンド・カンパニーのパートナー。小売事業とイノベーションの専門家
    クリス・ズーク ベイン・アンド・カンパニー ディレクター
  • 2004年5月号
    コア事業の隣接領域を攻め落とす
    成功パターンの展開力

    クリス・ズーク ベイン・アンド・カンパニー ディレクター
    ジェームス・アレン ベイン・アンド・カンパニー ディレクター
  • 2002年12月号
    自社のケイパビリティと顧客ニーズのジレンマ
    コア事業に集中すべきか、異分野に進出すべきか

    ゴードン・マッカラム ヴァージン・マネジメント グループ戦略担当ディレクター
    ジョン O.ホイットニー コロンビア大学 ビジネススクール 教授
    ローランド T.ラスト メリーランド大学 ロバート H.スミス・ビジネススクール 教授
    クリス・ズーク ベイン・アンド・カンパニー ディレクター
    トーマス J.ウェイト 戦略アドバイザー
  • 2007年6月号
    明日のマネジメントの糧となる
    二〇〇七年のパワー・コンセプト(中)

    ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 
    リンダ・ストーン コンサルタント
    マイケル・C・マンキンズ ベイン・アンド・カンパニー パートナー
    アプ・ダイクステルハウス ラドボウド大学ナイメーヘン校 教授
    ロバート・G・エクレス パーセプション・パートナーズ 創立者兼マネージング・ディレクター
    リブ・ワトソン EDGARオンライン バイス・プレジデント
    マイク・ウィリス プライスウォーターハウス・クーパーズ共同パートナー
    ジェフリー・B・ウェスト サンタフェ研究所 所長
    カレン・フレーザー フレーザー・コンサルタンシー 設立者
    フィリップ・ロングマン ニュー・アメリカ財団 シニア・フェロー

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking