2019年3月号 特集 PURPOSE(パーパス) 記事詳細

■ 特集 PURPOSE(パーパス)

ビジネスの現場から解き明かす パーパスの実際

ビジョン、ミッション、バリュー、プリンシパルなど、これまで会社の方向性を示すような言葉はさまざまあった。そしてさらに、組織には説得力ある「パーパス」が必要だという声が高まっている。本稿は、HBR.orgからパーパスをテーマとする記事を選び、パーパスの意味を正しく伝えるとともに、パーパス推進に前提となるものを示し、そのための法と文化の改革について触れる。そして、最後に収益との関連についての調査を紹介する。
 

ビジョン、ミッション、バリューとはどう違うのか
ストラテジック・ファクターズ マネージングディレクター グラハム・ケニー
 

パーパスの実践に当たってはまず我が身を振り返れ
ストラテジック・ファクターズ マネージングディレクター グラハム・ケニー


法と文化の両面から改革せよ
ハーバード・ビジネス・スクール 教授 ジョージ・セラフィム
ジェネレーション基金 ディレクター ダニエラ・サルツマン
KKSアドバイザーズ アソシエート ブロナー・ウォード


パーパスは収益を左右するのか
ハーバード・ビジネス・スクール 教授 ジョージ・セラフィム
ニューヨーク大学 スターンスクール・オブ・ビジネス 助教授 クローディン・ガーテンバーグ


グラハム・ケニー   ストラテジック・ファクターズ マネージングディレクター

ジョージ・セラフィム   ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ダニエラ・サルツマン   ジェネレーション基金 ディレクター

ブロナー・ウォード   KKSアドバイザーズ アソシエート

クローディン・ガーテンバーグ   ニューヨーク大学 スターンスクール・オブ・ビジネス 助教授

この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年3月号『PURPOSE(パーパス』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ