自分の思い込みで素晴らしいアイデアを諦めるな

1

このアイデアを製品化・サービス化すれば、明らかに需要がある。そして、自分にはそれを実行するリソースもある。だが、それでもやらないこともあるだろう。失敗を恐れているからではない。あまりに真っ当すぎるアイデアだと考えて、そのうち誰かがやるだろうと勝手に思い込んでしまったからだ。あなたにとって当たり前の気づきであっても、それは世の中を変えるような、創造性に満ちたアイデアかもしれない。


 絶対にうまくいくとわかっていた革新的なアイデアを、私は8年間、実行に移さなかった。

 そのアイデアには、技術的な裏付けがあったばかりでなく、社会的価値もあった。実行に移せば、米国内の極めて重大かつインパクトの強いチャリティーへの寄付を後押しできるはずだった。けれども私は、そのアイデアを放置し続けた。

 私が一歩を踏み出さなかった最大の理由は、恐怖ではなかった。多忙や怠惰といった、起業家精神を阻むよくある原因からでもなかった。最大の理由は他にあった。

 それは、アイデアが自明に思えたからだった。あまりにまっとうなアイデアだったので、他の誰かが必ず実現すると私は確信していた。だから、私が行動を起こすのは時間とエネルギーの無駄遣いになると思い込んでいたのである。

 私は間違っていた。アイザック・アシモフやスティーブ・ジョブズら、著名なイノベーターたちの話にちゃんと耳を傾けていたら、とうに気づいていたはずだ。自明性とはすなわち、創造的プロセスに共通かつ重要とさえ言える要素なのだ。

 あなたがスタートアップ企業を立ち上げる可能性を検討しているのなら、あるいは組織内に変化を起こしたいのなら、私の経験から学んでほしい。かつての私のように、先延ばしにしてはいけない。

 何年もの間、私はバーで、チャリティー団体のために資金集めをするイベントを主催してきた。友人たちに声を掛けて集まってもらい、理念について意見を交わし、その理念を実現しようとしている団体に関する情報を提供した。写真を見せ、話をし、各チャリティー団体がどのように役立っているかを説明したのだ。

 こうしたイベントに集まる面々の中には若い投資銀行家たちもいて、500ドルとか1000ドルを一度に寄付すると言ってくれることも少なくなかった。そういうとき、私は彼らに礼を言い、小切手を切ってくれるかと尋ねた。「小切手?ないですよ」と、彼らはたいてい言った。「25歳が小切手なんて使いません」

 そこで私は、ウェブサイト経由でチャリティーに寄付できることを説明した。だが、バーにいる間に携帯電話でネットにつないでウェブサイトを閲覧してくれと頼んでみても、うまくいかないことのほうが多かった。たいていこう言われた。「あとで、自宅のコンピュータから探して寄付します」。彼らは善意のかたまりだったが、あとで実行してくれることはほとんどなかった。

 結局、こういうイベントで集められる寄付金は現金に限られ、多くの場合は、たまたま余分な金を持ち合わせていた人たちからかき集めた20ドル紙幣の束で、合計しても数百ドル程度にしかならなかった。

 その一方で、同じイベントでバーの勘定を支払う段になると、全員で割り勘してベンモー(Venmo)などの個人間送金アプリを使って互いに差額を清算していた。そのとき、私は気づいたのである。米国を拠点とするチャリティー団体のどこにでも寄付することができる、シンプルなアプリがあってしかるべきだ、と。

 自明だと言った意味が、わかっていただけただろう。

 このようなツールを構築するチームをすぐにでも組めるとわかっていたが、他の誰かが実行するはずだと私は考えた。そう思い込んだまま、何もせずにいたのだ。だが私はこのとき、自明だからこそ、このアイデアを一歩前進させるべきだったのである。

次のページ  「自明」な答えの多くが、ほとんどの人に自明ではない»
1
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

 

スペシャルコンテンツ