2007年7月号 特集 消費者「理解」のマーケティング 記事詳細

■ 特集 消費者「理解」のマーケティング

地域に根差した商品カスタマイゼーション 「脱」標準化のマーケット戦略

ウォルマート、ベスト・バイなどの大手小売りは、標準化戦略から、店舗フォーマット、品揃え、価格、チャネルなどを地域特性に応じて変更する「ローカライゼーション戦略」へと転換を図っている。そして、P&G、フリトレー、JCペニーといった消費財メーカーも、この戦略転換に歩調を合わせつつある。ライフスタイルの多様化が進み、また多くの地域において大規模チェーンが乱立し、成長の余地が乏しくなった現在、標準化戦略では、競争に負けてしまうからである。


ダレル・K・リグビー   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ビジェイ・ビシュワナス   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF記事:14ページ[約1,717KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking