2019年1月号 特集 フェイクニュース 記事詳細

■ 特集 フェイクニュース

損害を最小限に抑えるために 悪意なき誤情報に立ち向かう

グローバル規模で情報汚染の爆発的拡大が目につくようになり、実行可能な解決が急務となっている。テクノロジー企業は研究者たちと密接に協力すべきであり、政策決定者はファクトチェッカーの言うことに耳を傾ける必要がある。そして我々全員が、虚偽のニュースを警戒しなければならない。この問題が解決することはないだろうが、被害を抑えるためにできることはある。


クレール・ワードル   ハーバード・ケネディスクール ショーレンスタインセンター・オン・メディア、 ポリティクス・アンド・パブリックポリシー 研究員

PDF記事:5ページ[約919KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年3月号『PURPOSE(パーパス』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ