「ディープテック」が成功するための3つの条件

1

ディープテックが世の中に浸透するには何が必要なのだろうか。それには、要素技術を磨くだけではなく、スタートアップとしてのマネジメントを行うことがカギとなる。海外のディープテック・スタートアップから見える、「ディープテック」成功のための条件を3つに絞って明らかにする。ディープテックの最前線を知る連載第2回をお届けしよう。

なぜ、急成長中にもかかわらず
創業者が解任されるのか

 オンデマンドの完全自動運転によるEV(電気自動車)タクシーを実現しようというスタートアップがある。これまでの自動車の概念を打ち破る技術とデザインを搭載し、無人タクシーの自動配車を目指すのが、米Zoox(ズークス)である。

 この会社は2014年、米スタンフォード大学で自動運転の研究をしていたジェシー・レビンソン氏と、デザイナーのティム・ケントレイ・クレイ氏が設立した会社だ。現在、急成長を果たしており、すでに総額8億ドル(約900億円)を調達した。シリコンバレー屈指のディープテック・スタートアップである。

 しかし、今夏に、創業者でCEOのクレイ氏が会社を去った。勢いのあるスタートアップのトップが解任されるというのは、日本の企業にとって馴染みがあることではない。なぜ、このようなことが起こるのだろうか。実はこの解任劇は、ディープテックが成功する条件とも関係している。

 そもそも、ディープテックが種から芽を出し、そして花を咲かせるためには何が必要なのか。今回、筆者が実際に見てきたいくつかの海外スタートアップ事例から述べていこう。

成功の条件の1つは
一流の支援者を味方に付けること

 Playground global(プレイグラウンド・グローバル)は、シリコンバレーのパルアルトにあった西部開拓時代をテーマにした電子機器小売店の巨大倉庫をリノベーションした施設にある。

 この巨大な空間には、金属用の3Dプリンターや潤滑油が不要な最新式の放電加工機、ハードウエア製品のあらゆる信頼性試験を行うラボ、レーザー加工機にレーザー試験設備など、ハードウエアを開発するために必要な最新設備がそろっている。

ハードウェア開発に必要な最新設備がそろっているPlayground global


 だが、これは単なる施設ではない。ここにハードウエアのスタートアップを集めて、オフィスを提供し、その成長を促すインキュベート機能を兼ね備えている。

 プレイグラウンドの設立者は、Android OSの開発者として知られ、グーグルのモバイルインターネット事業を率いてきたアンディ・ルービン氏だ。共同創業者には、Androidの開発メンバーや元マイクロソフトの幹部たちがいる。ルービン氏が中心となって立ち上げたハードウエアのデザインスタジオであり、ベンチャーキャピタルでもある会社なのだ。

 なぜ、プレイグラウンドに注目しているのかといえば、その人的支援の体制が充実しているからだ。ここには、筆者のよく知るスタートアップの元経営陣やエンジニアが多く入っている。そのため、オフィスに入居している支援先のスタートアップに対して、ただのアドバイスレベルではない支援を行っている。

 具体的には、ハードウエア製品を作る際のプロトタイプ試作サポートや量産前の信頼性試験などのサポート、中国・深センの量産工場の活用方法についてのサポートなどだ。実務経験のあるエンジニアが具体的な支援を行ってくれる。

 ディープテックの種があっても、それを芽にするには、一流の人材によるサポートが欠かせない。たとえば、シリコンバレーの場合、筆者が知るほとんどのベンチャーキャピタリストには、エンジニアリングのバックグラウンドがある。

 支援者の多くはスタートアップを実際に経験したことがあり、ビジネスもわかる。こうした人材がスタートアップをサポートするからこそ、アイデアを形にして成長の軌道に乗せられるのだ。

 逆にいえば、一流の人材を支援者として巻き込むことがディープテック・スタートアップの1つの条件である。
 

次のページ  イノベーションを起こすには?»
1
EIシリーズ特設サイト誘導
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ