2007年7月号 特集 消費者「理解」のマーケティング 記事詳細

■ 特集 消費者「理解」のマーケティング

開発者と消費者の間にある深い溝 新製品と消費者行動の経済学

新製品やイノベーションは失敗確率が高い。一人乗りスクーターの〈セグウェイ〉やデジタル・ビデオ・レコーダーの〈ティーボ〉など、予想をみごと裏切った製品は数知れない。なぜか。その答えは「所有効果」「現状維持バイアス」にある。これらは、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンをはじめ、行動経済学者たちの研究によって明らかにされたものだが、実学の世界には普及していなかったため、知られずにきた。この知見によれば、消費者の習慣を大きく変えないイノベーションは成功確率が高く、大幅な修正を強いるものはたいてい失敗する。本稿では、新製品を成功に導くポストモダン・マーケティングの手法を紹介する。


ジョン・T・グルビル   ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF記事:11ページ[約1,383KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking