2007年7月号 特集 消費者「理解」のマーケティング 記事詳細

■ 特集 消費者「理解」のマーケティング

消費者との関係づくりこそ基本 P&Gマーケティングの原点

P&Gが一九九八年に発表した「オーガニゼーション二〇〇五」は、思惑とは異なり、組織全体を疲弊させてしまった。二〇〇〇年、新CEOに就任したアラン・ラフリーは、同社のコア・コンピタンスであるマーケティング力の立て直しに、ジェームズ・ステンジェルを指名した。彼はまず、P&Gのお家芸である市場調査の手法を用いてマーケティング部門の意識調査を実施し、同部門のニーズを把握したうえで、崩れた土台の修復に努めた。これが奏功し、P&Gマーケティングは再び輝きを戻した。本インタビューでは、改革の第二幕であるチャレンジについて聞く。それは、消費者を徹底的に理解する活動であった。


ジェームズ・R・ステンジェル   プロクター・アンド・ギャンブル グローバル・マーケティング・オフィサー

PDF記事:13ページ[約1,723KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking