EIが今なぜ
欧米のリーダーに注目されているのか

HBR発EI〈Emotional Intelligence〉シリーズ特設サイト開設

欧米のエグゼクティブが今、必ず学ぶと言われているEI(感情的知性)。HBRでも20年をかけて、この領域をカバーしてきた。シリーズ日本上陸にさきがけ、特設サイトを開設した。


 欧米のトップビジネススクールで今、エグゼクティブが必ず学ぶと言われているのが、EI〈Emotional Intelligence〉です。感情的知性ともいうべきEIは、約20年をかけて心理学、組織心理学、脳科学など多方面からの研究が進み、いまや広さと深さを備えた一つの領域として確立しつつあります。

 米『ハーバード・ビジネス・レビュー』でも、EI関連の論文や記事が、この10年でずいぶんと増えてきました。そこで2017年、EIに関する論文・記事をテーマ別に書籍として編み直し、〈HBR’s Emotional Intelligence Series〉として刊行したところ、瞬く間に大きな反響を呼びました。

 以来、日本語訳が待望されており、来る2018年11月7日、ついに日本シリーズを創刊することとなりました。

世界で注目される第一人者が続々登場

 本シリーズでは、『ハーバード・ビジネス・レビュー』、および、同誌のウェブサイトに掲載された、EIに関連する選りすぐりの論文と記事をテーマごとに収録しました。

 日本では、『幸福学 HAPPINESS』『共感力 EMPATHY』の2タイトル同時リリースを皮切りに、『マインドフルネス MINDFULBESS』ほか、3カ月おきに1タイトルずつ刊行していく予定です。

 執筆者の顔ぶれは、さすがのものです。

 ・『EQこころの知能指数』で日本でも有名な心理学者でありEIの提唱者とも言われる、ダニエル・ゴールマン。

 ・「マインドフルネスの母」として欧米の経済界に名をとどろかせる、ハーバード大学心理学部教授のエレン・ランガー。

 ・『GIVE&TAKE』著者であり、フェースブックCOOシェリル・サンドバーグとの共著『オプションB』を著した、ペンシルバニア大学ウォートンスクール教授のアダム・グランド。

 そのほか、欧米の名だたる研究者や著名人が登場します。

 EIシリーズ日本版創刊を記念して、一足先に、特設サイトをオープンしました。ぜひご覧ください。

EI特設サイト
http://diamond.jp/go/pb/ei/

EIシリーズ特設サイト誘導
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ